ここから本文です

黄金世代が今季女子ツアーを席巻中。 世間を騒がす11人が飛躍を誓う

7/7(日) 7:37配信

webスポルティーバ

吉本ひかる(20歳)よしもと・ひかる/1999年2月25日生まれ。滋賀県出身。今季出場16試合。賞金ランキング14位(3079万1333円)。トップ10入り6回。最高位2位。ツアー未勝利。

 今シーズンは、賞金シードを獲ることが目標でした。それは前半戦のうちにクリアできそうなので、後半戦はツアー優勝を目指しながら、(米女子ツアーの公式戦でもある)TOTOジャパンクラシック(11月8日~10日/滋賀県)と、(ツアー優勝者と賞金ランク25位以内の選手が出場できる)LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(11月28日~12月1日/宮崎県)に出られるように、それを目標にしてがんばっていきたいと思います。

 今季は、シーズン前のオフにタイで合宿を実施。そこで、トレーニングと、去年あまりよくなかったアプローチとパターをメインに練習してきました。加えて、昨季の経験などが(今季の前半戦に)生かされたのかなと思います。

 後半戦は、賞金ランクをさらに上げて、できればベスト10には入りたいと思っています。あと、ウエア契約をしているサマンサタバサ ガールズコレクション・レディース(7月19日~21日/茨城県)もあるので、そういうところで結果が出せたら、一番いいなと思っています。

 ギャラリーの方には、自分はアイアンやユーティリティーが得意なので、セカンドショットでピンを刺すような、そういうショットを見ていただけたらなと思います。

小祝さくら(21歳)こいわい・さくら/1998年4月15日生まれ。北海道出身。今季出場17試合。賞金ランキング16位(2869万4785円)。トップ10入り5回。最高位3位タイ。ツアー未勝利。

 シーズン前に掲げた目標は、前半戦ではあまり達成できませんでした。一番の目標はツアー初優勝でしたが、それが実現できていないので......。

 あと、課題として挙げていたアプローチとパッティングも、結構悩むことがいろいろあって......。とくにパッティングはひどくて、途中でパターを替えたりしました。それで、ストロークがしやすくなったので、後半戦はよくなってくると思います。

 そんななかでも、昨年よりは(試合を)楽しめています。目標としていた"笑顔でプレー"はできています。

 後半戦に向けての目標は、やっぱり優勝です。それも、夏場にある地元・北海道での試合で成し遂げたいですね。

3/6ページ

最終更新:7/7(日) 7:37
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事