ここから本文です

「将来の目標もやりたいこともない」20歳の女性に鴻上尚史が提案する後悔しない人生の選び方〈dot.〉

7/23(火) 16:00配信

AERA dot.

 鴻上尚史の人生相談。あらゆることが好きで、でも「一番」が決められない、と20歳女性。「人生で何か大切なものを1つ選択できるのか」と不安がる相談者に鴻上尚史が提案した「ネガティブな感情の比較」とは?

【相談35】「人生で何か大切なものを1つ選択できるのかが不安です」(20歳 女性 砂糖菓子)

 鴻上さんこんにちは。私は今年大学3年生になる学生です。

 是非聞いて欲しいご相談があります。大学3年生というと進路のことや卒業論文の題材を考える時期でもあります。そして周りからも「将来の夢は?」や「何がやりたいの?」とよく聞かれます。しかし私は将来の目標もやりたいことも特にないのです。

「好きなことは無いの?」と聞かれることもあります。私の好きなことやものはたくさんあります。本を読むのも好きです。音楽を聴くのも好きです。食べることも寝ることもテレビを見ることも、ゲームをすることだって好きです。

 でも私には「1番」好きなものが無いのです。どれもほぼ等しく好きです。最近ではゲームのキャラクターの「1番好きなキャラ」でさえはっきりと答えられなくなってしまいました。これは私が優柔不断なのでしょうか?

 好きなことが多いことは多分悪いことではないと思います。

 でも好きなことが多いことで自分が押しつぶされそうになることもあります。卒業論文の題材も就職先も1つしかないように、人生には何か1つを選択しなければならない時が必ずあります。

 その時に私は何か大切なものを1つ選択できるのかが不安です。

 私が何かを選択する際にどうすれば自分の1番を決めることができるのでしょうか。鴻上さんの意見をお聞きしたいです。ぜひご回答頂ければと思います。

【鴻上さんの答え】
 そうですか。砂糖菓子さんは、好きなものがたくさんあるんですね。素敵なことじゃないですか!

「好きなものがなにもない」と「好きなものがたくさんある」を比べれば、これはもう、文句なく「好きなものがたくさんある」方が幸せだし、素敵だと思います。

1/4ページ

最終更新:8/14(水) 10:36
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事