ここから本文です

Netflixのドラマ「ストレンジャー・シングス」は、わくわく感をシーズン3で取り戻した

7/8(月) 8:11配信

WIRED.jp

Netflixのドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のシーズン3には、1985年に一瞬だけ市場に登場した幻の新しい味のコーラ「ニュー・コーク」が“出演”している。だが安心してほしい。裏側の世界の生き物たちがコーラを飲むといきなり死んでしまうわけでも、これがあとで重要な役割をもってくるというわけでもないからだ。

【画像・動画】『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン3

それでも、この大半の消費者に嫌われたことで短命に終わったニュー・コークは、ちょっとした役割を与えられている。シーズン後半のエピソードに、登場人物の誰もが危険に晒されていない珍しい場面がある。ここで、ルーカス(ケイレブ・マクラフリン)がニュー・コークの缶を開けようとしていると、マイク(フィン・ヴォルフハルト)が信じられないといった顔つきで、「お前、よくそんなもの飲めるな」と口を挟む。

するとルーカスは「だって、うまいんだぜ」と答える。「カーペンター監督の『遊星からの物体X』みたいなものだよ。原作を最初に映画化した作品はSFホラー映画のクラシックだった。これは間違いない。じゃあ、カーペンターのリメイクはどうだった?」

ここでルーカスは、うまそうにニュー・コークを飲んで満足のため息をもらしてからこう言う。「甘すぎるけど、ずっと大胆で、前よりいいものになってるのさ」

制作者からの本当のメッセージ

ルーカスがマイクをからかっているなら、作品のクリエイターであるマットとロスのダファー兄弟がやっていることもそうだろう。コカ・コーラさん、舞台は1985年なんだから新シーズンにはニュー・コークを喜んで登場させますよ。もちろん好意的に取り上げますから、というわけだ。

しかし、ダファー兄弟が本当にメッセージを送りたかった相手は観客である。ジョン・カーペンターの『遊星からの物体X』は誰もが納得する名作だろう? ぼくらもそう思うから、自分たちのやり方で同じような作品をつくってみたんだ──。

うれしいことに、ダファー兄弟の試みは成功した。シーズン3は「甘すぎるけど、ずっと大胆で、前よりいいものになっている」のだ。

「ストレンジャー・シングス」のシーズン2では各登場人物のキャラクターに深みは出たが、SFミステリーという意味では焦点がぼけてしまっていた。これに対してシーズン3は、より面白く大胆な仕上がりになっている。シーズン1で提示された「暗いものは暗く、明るいものは明るく」という原則に立ち戻っているからだ。

1/3ページ

最終更新:7/8(月) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事