ここから本文です

【スーパーモデル01】ロールスロイス カリナンはどこへだって快適に行ける現代のスーパーカーだった

7/8(月) 18:30配信

Webモーターマガジン

SUVには珍しい3ボックススタイル、その快適性はロールスロイス基準

エンジンは、ファントム譲りの6.75L V12ツインターボ。普段は寡黙かつスムーズで一切存在感をあらわにしないのに、アクセルペダルを踏み込めばいつでも望むだけのトルクを生み出すその隙のなさは、もはや内燃機関とは思えず、まるで電気自動車を操っているような気分になる。

内外装のクオリティも、ロールスロイスの基準を完全に満たしている。デザイン的に興味深いのは、SUVには珍しい3ボックススタイルとされたことと、プライバシーより開放感を優先して後席のグラスエリアを大きくとった点だ。

また後席に、ベンチシートと左右で独立したインディビデュアルシートの2タイプが用意される点もユニークだ。とりわけインディビデュアルシートではラゲッジルームとの間にパーティションが設けられ、テールゲートを開けてもキャビンに寒風が吹き込んでこない工夫が施されている。これも、いかにもロールスロイスらしいおもてなしといえるだろう。

幽霊の名前をモデル名にするのが習わしのロールスロイスだが、カリナンという名前は20世紀初頭に発見された史上最大のダイヤモンドに由来する。その後、原石は加工され英国王室を象徴する王冠や笏(しゃく)に用いられたが、新たに登場したカリナンも、まさにイギリスの至宝と呼ぶに相応しい存在だ。(文:大谷達也)

ロールスロイス カリナン 主要諸元

・全長×全幅×全高:5341×2000×1835mm
・ホイールベース:3295mm
・車両重量:2735kg
・エンジン:V12DOHCツインターボ
・排気量:6749cc
・最高出力:571ps/5000rpm
・最大トルク:850Nm/1600rpm
・トランスミッション:8速AT
・駆動方式:4WD
・最高速:250km/h(リミッター)
・0→100km/h加速:5.2秒
・車両価格:3800万円

Webモーターマガジン

2/2ページ

最終更新:7/8(月) 18:30
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事