ここから本文です

市場を切り開いた偉大なクルマが敗北! 「後出しじゃんけん」でバカ売れしたクルマ4選

7/8(月) 11:41配信

WEB CARTOP

わずかな戦略の差が開拓者の優位性を奪う!

 自動車メーカーは家電や食品と同様に、ライバルとの熾烈な争いを続け、切磋琢磨(せっさたくま)してよりよい商品を作り出している。

一代で姿を消したトヨタ車7選 !

 ここで取り上げるのは、同ジャンルのクルマの争いであり、後発のクルマに人気が集中した事例である。それを世間では「後出しじゃんけんの勝ち負け」と呼ぶこともあるにはあるが、それは100%正しくはない。

 つまり、デビューの日にちがそう遠くない場合、後発のクルマは決して先発のクルマを見ていないからだ。クルマの開発期間は数年かかるため、ライバルの姿を見てから何かを変える……なんてことは、微妙な価格設定ぐらいしかできないはずなのである。

 それでも後発のクルマが、同ジャンルの先発のクルマを、人気、販売台数で大きく引き離した例は数多い。

1)日産エルグランド/トヨタ・アルファード&ヴェルファイア

 日産エルグランドの初代は1997年にデビュー。当時はワンボックスタイプの名残を残すキャラバン/ホーミー・エルグランドというネーミングだったが、国産の元祖高級ミニバンの1台だった。

 その乗用車感覚を強めた2代目は2002年5月に発売されたが、なんと同月の翌日に華々しく登場したのが、トヨタ・アルファード。

 兄弟車のヴェルファイアは2008年の3代目アルファードの発売と同時に追加されたのだが、2010年に3代目となったエルグランドがデビューしても、販売台数で圧倒。

 その理由のひとつがエルグランドにはない、初代から用意されたハイブリッドモデルの存在だ。2018年4月~2019年3月の国産乗用車販売台数ではアルファードが63351台で14位、ヴェルファイアが41429台で25位となっているが、エルグランドはベスト50位にも入っていない7431台なのである。

 エルグランドはデザイン、2列目席の居心地はなかなかで、3.5リッターV6のアメリカンな走行性能も悪くないのに、なぜそうなのか。やはり2010年からフルモデルチェンジされず、ハイブリッドモデルがなく、先進安全技術に取り残されたあたりが理由ではないだろうか。

1/3ページ

最終更新:7/8(月) 12:42
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事