ここから本文です

レアル久保建英がスペイン到着、現地紙も熱視線 「ジダンに力を見せることに集中」

7/8(月) 8:05配信

Football ZONE web

空港到着の久保を現地メディアが直撃

 FC東京からレアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英が、マドリードの地へと到着した。今シーズンはBチームに当たるカスティージャでのプレーとなるが、現地メディアが空港に到着した久保を取り囲むなど、いきなりフィーバーの気配がある。

【動画】日本代表MF久保健英、輝きを放ったコパ・アメリカでのベストプレー集

 7日に日本から離陸した久保。半日ほどのフライトを経て新天地となるマドリードの空港に到着した。スペイン紙「マルカ」英語版は「クボはジダンの心をとらえるための準備をしてマドリードに到着した」とのタイトルで記事を掲載。このように記している。

「新たなレアル・マドリードの有望な中盤アタッカー、タケフサ・クボはマドリードに到着し、プレシーズンにおいて彼のボスとなるジネディーヌ・ジダンに印象を与えることに熱心になるだろう。久保はコパ・アメリカで日本のためにプレーしたところから戻り、参加予定のロス・ブランコス(レアルの愛称)のプレシーズンツアーでジダンに力を見せることに集中している」

 期待感の高さが伝わる記事だが、同紙が撮影した空港内の様子でもそれはよく分かる。保安検査場を抜けて姿を現した久保を見ようとファンの姿もちらほら見えるとともに、複数の現地メディアからマイクやカメラを向けられ、質問攻めにされる様子が収められている。

 現地での注目度の高さを感じるとともに、記事では「次のシーズン、ラウール・ゴンザレス監督のカスティージャの一員となるだろう。それでも18歳の彼は夏の間、ジダンに印象づけたいと思っているはずだ」とも記述している。メディアも注目するなかで、どのような結果を残せるか――。久保にとっての新たな挑戦が始まる。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/8(月) 12:18
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事