ここから本文です

年金だけで暮らすのを可能にする「60歳からの家計の原則」3つ

7/9(火) 15:00配信

マネーポストWEB

 政府は「高齢者はもっと働ける」というが、厚労省の調査では65歳以上の世帯の半数以上(51%)が年金だけで生活している現実がある。だからこそ、「年金では2000万円足りない」といわれてパニックが広がるのだ。

「老後資金2000万円」を貯めるには、毎月5万円ずつ貯金しても約33年かかる。だからといって「きつくても75歳まで働くしかないか」と考えたら、払う税・保険料はさらに増え、体に鞭打つほどの効果は得られない。

 そこで発想を変える。ライフスタイルを工夫すれば、「年金だけで暮らす」ことは十分可能なのだ。

少しの工夫で大丈夫

「2000万円不足」と言われたらとてつもない金額に思えるが、一度にかかる金額ではない。政府(金融庁)の試算は、「夫65歳以上、妻60歳以上」の夫婦2人の年金生活世帯の生活費(消費支出)は月平均26万3718円、それを夫婦の年金収入(約21万円)で賄おうとすれば、家計は毎月平均5万円あまりの赤字になり、夫が95歳になる頃には赤字の総額が2000万円に達するというものだ。2000万円とは「30年間」にかかる金額なのだ。

 それなら、対処は可能だ。まず、60歳からの「家計の原則」をおさえておきたい。これを知っておくと「年金だけで暮らす」ことは決して難しくないとわかる。

【原則1】夫婦の生活費は「5歳ごとに月2万円」減っていく

 政府の老後資金の試算は毎月の生活費が30年間変わらないという前提で計算されているが、実際は、定年後で生活費が一番かかるのは60代で、70代、80代と歳をとるごとに必要な生活費は下がっていく。

 図を見ると、毎月の生活費は「60~64歳世帯」の約30万4600円から、5歳刻みでざっと2万円ずつ減り、「80~84歳世帯」では約20万5400円と60代前半より1か月あたり10万円も少なくて済む。“年金博士”こと社会保険労務士の北村庄吾氏が語る。

「定年後の支出の半分を占めるのが食費、交際費、通信費といわれるが、歳をとるほど外出が減って交際費が減り、通信費もそんなにかからなくなる。それを考えると標準的な夫婦の年金額で生活することはそこまで難しいことではない」

1/2ページ

最終更新:7/9(火) 15:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事