ここから本文です

尊敬していた彼は、今やアホ夫! 幻滅ばかりの毎日から抜け出すには<アホから解放される相談室>〈dot.〉

7/11(木) 7:00配信

AERA dot.

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークアンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、シリーズ75万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読者からは、「それでも戦ってしまう……」と多くの悩みの声が寄せられているという。日々の仕事・暮らしの中で「アホ」に悩んでいるあなたに、ちょっとでも気持ちが楽になるヒントを田村さんが提案する連載「アホから解放される相談室」。今回は「家事や子育てに非協力的なアホな夫」について。

*  *  *
【相談】
 夫の家事の非協力ぶりに悩んでいます。
 
 もともと夫と私は仕事で出会い、付き合うようになりました。彼は、あまりにも仕事ぶりが優秀で、憧れるような存在でした。成果は出すし感情はぶれないし、ちょっとした王子様のような存在で、関係者でも彼を狙っている女性は多かったと思います。

 しかし、結婚して子供が生まれてから、少しずつ彼を尊敬する気持ちがなくなってしまっていることに気が付きました。
 
 こちらがやってほしいことに全く気付かなかったり、自由で自分のペースを崩さなかったり、独身と同じ感覚で趣味に時間や金銭を注いでいたり……、私だって働いているのに、私ばかり犠牲になっているように感じてなりません。夫が大きな子供のように感じられるときがあります。
 
 彼はプライドが高く、ちょっとした指摘をしてもすぐ不機嫌になります。
 
 彼に、自分のことよりも子供や家庭を優先してもらうためには、どんな働きかけが必要でしょうか。

■人生を生き抜く同志だと思い直す

 これは、結婚に限らず、就職や進学・留学でもよくある期待値マネジメントの問題だと思います。

 憧れや尊敬は遠くにいる場合に持続しやすく、近くにいて色々見えれば薄れていくものです。

 遠くにいても時間の経過で劣化していきます。あなたの尊敬する人物が、子供時代と変わってきているのがいい例だと思います。

1/3ページ

最終更新:7/11(木) 11:45
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事