ここから本文です

和菓子店の冷蔵庫に女子大生の遺体 父親は自殺 謎を解くカギは2人の携帯?〈週刊朝日〉

7/9(火) 17:17配信

AERA dot.

 和菓子店を営む父親と娘の間に一体、何があったのか?
7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)の遺体が見つかり、警察が行方を追っていた父親(43)が7日早朝、さいたま市内で自殺し、謎が深まっている。

 発端は6日夕方、いぶきさんの家族からの110番通報だった。

「父が自殺すると連絡してきた」

 そこで家族と警察が和菓子屋に駆け付けたが、シャッターが閉まり、配達用のオートバイがなかった。たまたま、空いていた窓から警官が中に入ったところ、業務用冷蔵庫に、背中を上にしていた遺体を発見。娘のいぶきさんとわかった。

「父親はその後も家族に電話。『いぶきを店で切った。死にたい』などと話し、捜索したところオートバイを発見。さらにさいたま市の河川敷で首を吊っている父親の遺体を警視庁の捜索隊が見つけた。いぶきさんの遺体には、首を絞められたような痕跡があった。父親が経営する和菓子屋の業務用冷蔵庫で発見されたことや店内が荒らされたりしている形跡がなかったことから、2人になんらかのトラブルがあったのではないか」(捜査関係者)

 木津さん一家は荒川区の自宅近くで15年前から和菓子屋を営み、地元では知られる名店だったという。

 一方、大学生のいぶきさんは父親の和菓子屋ではなく、他でバイトをしていたという。

 和菓子屋から木津さんの自宅まで、歩いて10分ほどだという。なんらかの用件があって、いぶきさんが店に立ち寄ったではないのかとみられている。

「自殺した父親は温厚で、いかにも和菓子の職人さんという感じ。いぶきさんも昔は店に来ていた。父親はいぶきさんにバレエを習わせ、中学は私学の学校に通わせるなど、教育熱心でしたよ。一方で、いぶきさんの成績が上がらないと手が出たりときつい一面もあったようだ」(近所の人)

 そのためか、最近はいぶきさんが和菓子屋にほとんど寄りつかなかったという。

「それなのにどうして、その日は店に立ち寄ったのか、よくわからない。和菓子屋は、6日午後5時前には閉店していて、手伝いが必要なこともなかった。母親は警察に対し、ここ最近、父親が思い詰めているようにも思えたと話している。父親が最近、いぶきさんが言うこと聞かないと、手を上げることもあったそうだ。父親と母親は再婚で、いぶきさんは妻の連れ子のようだ。父親は自殺する直前、自分の携帯電話で家族に連絡してきているが、自殺した現場周辺の捜索でも発見されていない。同様に、いぶきさんの携帯電話もまだ見つからない。また、和菓子屋を捜索したところ2人で死ぬという内容のメモが見つかった。筆跡は父親のようだ。どうも2人の複雑な関係がこの事件の背景にあるようだ」(前出の捜査関係者)

 父親が18歳の娘を殺害した動機は何だったのか。謎の解明が待たれる。(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事

最終更新:7/10(水) 10:14
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事