ここから本文です

親友じゃない!カイリー・ジェンナーが明かす「母親への尊敬心」

7/9(火) 0:00配信

コスモポリタン

現在16シーズンを放送中の『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』。一家のマネージャーとしても活躍する母親のクリス・ジェンナーは、娘たちから「ママ」ではなく、「クリス」と名前で呼ばれることもあり、その独特な関係性も注目を浴びている。そんな親子関係について末っ子のカイリー・ジェンナーとクリスが改めて話し合った。

親子でありながらも仕事仲間であるカイリーと母クリス。カイリーが名を冠するコスメブランド「Kylie Cosmetics」の立ち上げや運営にクリスも関わっており、共に過ごす時間が長いからこそ喧嘩することも多いという二人。

とはいえ固い絆で結ばれているカイリー&クリス。母親のクリスは、その親子関係についてこう語ったことも。

「昔から精神的にもスピリチャル的にも、深い絆で結ばれています。ただ、歳を重ねるたびに、その関係性が少し変わってくるの。私は、昔の関係にとらわれずに、娘がその時に必要と感じているガイドや手助けを与え続けたい。数年ごとに関係は変化していくからね」

カイリーによれば、自身が母親になったことでクリスへの向き合い方が変わったんだそう。

「母親になって人生観が完全に変わったとき、ママに対しての考えも変わったの。これまでしてくれたことを感謝するようになったわ。私が、ストーミに夢中になったことで、ママの私への想いや、娘たちへの深い愛を理解できたの」

一方で、仲が良い母娘が「友達のような関係」と明かすことが多い中、カイリーはクリスのことをあくまでも「母親として」尊敬していることも明かした。

「私は、ママを母親としてリスペクトしているのよ。姉や親友のような扱いはしない。私たちはすごく仲が良くて、姉や親友に話すようになんでも話ができるから、そこは恵まれていると思うの。でも、あくまでママは私の母親よ」

最終更新:7/9(火) 0:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事