ここから本文です

高嶋ちさ子父語る絶縁21年間 伯父・忠夫さん死去に無言の理由

7/9(火) 0:01配信

女性自身

「新聞社やテレビ局など、多くのメディアが高嶋ちさ子に追悼コメントの取材を申し込んだのですが、所属事務所が応じることはありませんでした」と語るのは、ある芸能関係者。

【写真】両家の“絶縁”の真相を本誌に語った高嶋弘之さん

6月28日に高島忠夫さん(享年88)の逝去が公表された。遺族や多くの著名人が忠夫さんを悼む談話を発表するなか、姪でバイオリニストの高嶋ちさ子(50)は、自身の公式ツイッターなどでも、伯父との別れについていっさいふれることはなかった。高島家の知人は次のように語る。

「実は忠夫さんの実弟で音楽ディレクターの高嶋弘之さん(85)も、その次女のちさ子さんも、密葬に参列していませんし、弔問にも訪れていないのです」

忠夫さんの自宅と弘之さんの自宅は東京都の同じ区内にあり、自動車なら10分もかからない距離。かつては両家で頻繁に行き来もあったという。ちさ子自身は、かつて週刊誌のインタビューで次のように語っている。

《家が近所だということで、小さいころは、しょっちゅう遊びに行ってました。政宏君や政伸君ともよく遊んだなぁ》(『アサヒ芸能』'98年1月15日号)

ちさ子が『チョコレート・ファッション』というユニットでCDデビューしたのは'95年。当初は“高島忠夫の姪”“政宏・政伸兄弟のいとこ”などと紹介されることも多かった。

「しかし、ある時期から、ちさ子も、政宏・政伸も、お互いのことを公の場でいっさい話さないようになったのです」(前出・芸能関係者)

はたして確執の原因は何だったのか? ちさ子の父・高嶋弘之さんを本誌は直撃取材した。

「確かに昔は家も近かったですし、頻繁に行き来をしていました。兄貴と花代さんは夫婦で『ごちそうさま』の司会を務めていたでしょ。番組の収録が地方であったりすると、政宏と政伸の兄弟をうちで預かったりしていました」

子供たちが仲よく遊んでいた当時を思い出したのか、微笑を浮かべる弘之さん。しかし記者の質問に表情が引き締まった。

――それほど仲が良かった両家に距離が生じたのには、何かきっかけがあったのでしょうか?

「……きっかけといえば、母の介護問題かな。兵庫県で暮らしていた母が、うつ病になったので、'98年に東京の医療施設に入れたんです。でもこのとき母の介護方針を巡って兄とひどい口論になってしまって……。兄貴は昔から穏やかだったから、兄弟げんかなんかもしたことがなかったのにね」

'98年といえば、忠夫さん自身が不眠とアルコール依存により、重度のうつ病を発症した時期でもある。

「振り返ってみて、彼も病気のせいで感情のコントロールができなかっただけなんだと理解できました。でも兄の病気のことを知ると、今度は“治療の邪魔になってもいけないなぁ”なんて考えて、連絡もとれないし、訪ねていくこともできないし。お互いの家族も行き来しなくなって、そうこうしているうちに、気がついてみたら20年以上もたってしまったんですね」

2年前の'17年には、弘之さんの妻が逝去した。

「うちも、ちさ子夫妻や家族だけで葬儀を営んで、向こう(高島忠夫一家)には連絡しませんでした。今回は逆にこちらが葬儀にも参列しなかったし、弔問とかにも行かなかったということです。“疎遠”とか“絶縁”というと、世間から変な一族だと思われるでしょうけど、いまとなるとこれが“高嶋家のスタイル”という感じもしますね」

21年もの空白があるにもかかわらず、弘之さんの兄に対する思いは薄れたわけではないようだ。

「家族のおかげで兄貴は、いい人生を全うできたと思います。特に花代さんは、ずっと兄を看病してくれて、頑張ってくれていたそうですから、いまは落ち込んでいるでしょうね」

実は忠夫さんの逝去をきっかけに、両家の歩み寄りのきざしも見えているという。

「政宏から、うちのちさ子に連絡があったそうなんです。『父のことが落ち着いたら、叔父さんのところへもご挨拶に行きますから』なんて、言ってくれていたと聞いています」

両家の和解を誰よりも望んでいるのは、天国の忠夫さんに違いない。

最終更新:7/9(火) 15:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2875合併号・7月9日発売
毎週火曜日発売

特別定価450円(税込)

石原さとみ 破局していた!前田氏は転居
高嶋ちさ子父語る忠夫さん死、無言の理由
春風亭昇太 妻は元宝塚50億円ご令嬢!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事