ここから本文です

【スーパーモデル02】ジャガー XJR 575は野獣でありながら快適性も持ち合わせている文字どおりの“スーパーモデル”

7/9(火) 12:03配信

Webモーターマガジン

解き放たれた野生と研ぎ澄まされた感性の共謀

ジャガーの高性能車開発部門、SVOが手がけたジャガーXJR575。成熟した大人の4ドアサルーンと圧倒的な強心臓のコンビネーションは、現代のスーパーモデルのあり方を示している。(Motor Magazine 2018年9月号より)

【写真】インパネやエンジンなど細部をもっと見る

ジャガーがフラッグシップサルーンのXJをフルチェンジさせたのは2009年7月。丸型4灯のヘッドライトや、ロングノーズ/ロングデッキの流線型ボディといった伝統の形をリセットし、イアン・カラムの手によるまったく新しいフォルムを得た。現行型はその登場がとてもセンセーショナルだっただけに今も記憶に鮮やかなのだが、考えてみればデビューからすでに9年が過ぎたことになる。

溶接を用いず、リベットと接着で作り出されるオールアルミモノコックにより、全グレードが2000kgを大幅に下回る軽量を実現。登場時点でかなり進んだ内容を備えていたからこそ、競争の激しいFセグメントを戦ってこられたのだが、それと同時に、当然ながらマイナーチェンジや年次改良もキメ細かく行ってきた。

直近の改良は昨年の秋。内容はインフォテインメント機構のアップデートとコネクティビティの強化、それにADASの充実などが中心だったが、その時新たにラインナップに配備されたのが、ここで紹介するXJ史上最強モデル、XJR575である。これまでは550psの5L V8を搭載していたが、今回はこれを575psまでパワーアップ。その出力をモデル名とした。

このスーパーチャージドV8エンジンは、ジャガーがハイパフォーマンスを追求するときの切り札と言ってよいユニット。同じ575ps仕様は2シータースポーツのFタイプSVRにすでに搭載されているし、ジャガー史上最速を目指してDセグセダンのボディにこのV8を積んだXEプロジェクト8では600psに強化されている。

いずれもジャガーの高性能車開発部門であるSVO(スペシャル ビークル オペレーションズ)が手掛けたモデルで、4WDが用いられる。だが、XJR575は標準のXJと同じくFR。強大なパワーを2輪駆動で味わえるという意味でも貴重な存在だ。

1/2ページ

最終更新:7/9(火) 12:03
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事