ここから本文です

水を一切使っていない!? FUKUBISUIの香り高いスカルプローションで頭皮も髪も若返る!

7/9(火) 20:09配信

集英社ハピプラニュース

ご存知ですか?福美水(FUKUBISUI)。お手頃価格、だけど厳選素材のシンプル仕立て。ビューティプロデューサーの牧野和世さんが監修したスキンケアシリーズでいま注目したいのは、外的ストレス&エイジングで弱った頭皮をケアする“効果の出る”スカルプローション!

【写真】40代が知っておくべきヘアケアまとめ

まずはFUKUBISUIの看板アイテム、ブランド名を冠したこちらの福美水をご紹介しましょう。ストレスや大気汚染・紫外線など日々のダメージが蓄積した肌のトラブルの先回りケアに、そして起きてしまった肌悩みのケアにも役立つ全身用ローションです。

古くからなじみの深い植物こそ日本人の肌のケアにいちばん合うはず!という考えのもと、ヨモギやクマザサ、白樺樹液といった抗炎症作用のある和漢植物の成分を濃縮配合。ノンパラベン・ノンアルコール・無香料・無着色で、日焼け後などのトラブル肌にも優しい“あると安心”な1本です。

手に持つとわかりますよね、この大きさ。そう、自販機のペットボトルと同じ容量なんです!

そして特徴的なのは500mLと大容量なこと。この大きさで¥3400! 肌質はもちろん老若男女を問わず、顔だけではなく全身にたっぷり使って欲しいという愛を感じます。

しかもこの化粧水、実に多才。フェイス&ボディローション(お風呂あがりに肌が濡れたままの状態でなじませるのが浸透アップのポイント!)としてはもちろん、プレ化粧水にもコットンパックにも大活躍。さらに加齢臭予防になるという聞き捨てならないポイントも! この季節は胸元や背中、そして耳の後ろまでバシャバシャ使っておくことにします。

で、そんなFUKUBISUIブランドからこの春に発売されたスカルプローションが今回の本命。初夏の日差しにジリジリ焼かれ、なんとなくかゆみを感じていた頭皮、そして元気のない髪(こちらは加齢だと思う、うん)が心配になり、導入しました。

こちらは防腐剤・乳化剤・抗菌剤はおろか、水を一切使っていません。では何でできているのかというと、古来から不老不死の薬草、若返りの水などの別名を与えられてきた「ローズマリー」のエキスと、北欧では健康飲料としてスタンダードなミネラルたっぷりの「白樺樹液」。このたった2つだけでできているんです! しかも30年以上農薬を使っていないピュアな土地で育った植物を、もっとも勢いのある旬の時期に採取。これは期待しちゃう!

スプレー式なので使い方は簡単。髪を軽くかき分けて、分け目にプシュプシュっとしたら軽くマッサージ。さらっと軽いローションテクスチャーでべたつかないので、朝も晩も使いやすいです。

使い始めて数日なので劇的な変化はないのですが、頭皮の不快感は沈静化。なんだか頭皮がリラックスして柔らかくなった気もするし、せっせと使い続けています。そしてたまらなく香りがいいのも使い続けたくなるポイント! ジメジメしたこの季節、爽やかなローズマリーのアロマが気持ちまでリフレッシュ。天然100%の香りで深呼吸して、毎日うっとりしています。これで頭皮が健やかになり美髪が手に入ればもう、言うことなし。

1/2ページ

最終更新:7/9(火) 20:09
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事