ここから本文です

【J1採点&寸評】FC東京3-1G大阪|絶好調の東京2トップ! 2ゴールの永井謙佑は何拍子も揃ったハイパフォーマンス!!

7/9(火) 21:18配信

SOCCER DIGEST Web

FC東京――立ち上がりこそ押されたものの、前線の推進力を活かして逆転勝利!

【チーム採点・寸評】
FC東京 7.5
最初の15分間はG大阪の新システムに圧された。だがナ・サンホと永井謙佑の推進力を活かし逆転、前節につづく快勝を収めた。
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 7
66分のピンチではすばやくファン・ウィジョの前に移動してシュートを防いだ。1失点はしたが良好なパフォーマンス。
 
DF
2 室屋 成 5.5
前線の活躍によって相対的に目立たなかったが、高い位置に進出することで攻撃の形成を助けていた。
 
32 渡辺 剛 6
78分のピンチでは身体を張って至近距離のシュートブロック。最終ラインを破綻させることなく試合を終えた。
 
3 森重真人 6
一気にウラをつくパスを狙い、これがG大阪守備陣にダメージを与えるジャブとなった。1失点は悔やまれるところ。
 
25 小川諒也 6
先制点を与えた場面で転び、反応が遅れたところでやや減点。その後は高い位置に進出、攻撃参加で貢献した。
 
MF
10 東 慶悟 6
直接ゴールに絡まずともコンビネーション攻撃の一角でよく機能。中盤と攻撃陣をリンクさせバランスをとった。
 
8 髙萩洋次郎 6.5
バトルの強さが悪天候にフィット。パスカットなど守備面で安心できる出来だったほか、主審への訴えでも活躍。

【FC東京3-1G大阪 PHOTO】G大阪に先制を許すも永井が2分で2発!FC東京ががっちり首位キープ!

FC東京――D・オリヴェイラは二桁得点に乗せる

MF
18 橋本拳人 6.5
球際に強く頼もしいディフェンス。ボールを奪ってからの展開もスムーズでゲームをよくコントロールした。
 
17 ナ・サンホ 7(78分OUT)
重馬場でふんばりながらの2アシストは見事。ドリブルの印象が強いなか2点目のクロスは新たな可能性を感じさせる。
 
FW
9 ディエゴ・オリヴェイラ 8(90分OUT)
よく相手ゴール前やサイドに走り込んでチャンスを誘発。自身もしっかりとゴールを決めて10得点に乗せた。
 
MAN OF THE MATCH
11 永井謙佑 8.5(85分OUT)
速い、巧い、決定力が高い、チャンスをつくれる、スローインも巧みにこなすと、何拍子も揃ったプレー。まさに絶好調。
 
交代出場
MF
39 大森晃太郎 -(78分IN)
交替の一番手となるのは信頼の証。G大阪が攻勢に出てきているなかでも歯車となりチームの機能性を維持した。
 
FW
23 矢島輝一 -(85分IN)
短い出場時間ながら91分にはCKを誘発する強いボールを蹴るなど、印象に残るファイト。ポジション争いにつなげたい。
 
MF
45 アルトゥール・シルバ -(90分IN)
ディエゴ・オリヴェイラを下げてゲームを閉じるための最後のカード。ボランチの三番手としてクローザーを全うした。
 
監督
長谷川健太  7.5
久保建英の後継にナ・サンホを起用した新編成が2試合連続でジャストフィット。爆発的な攻撃力でG大阪を粉砕した。

1/2ページ

最終更新:7/9(火) 21:18
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事