ここから本文です

AKIHIDEのバースデーライブ開催! DAIGO「今日の目標は皆さんの約2割が途中で寝てしまう…(笑)」

7/9(火) 17:51配信

ザテレビジョン

2019年、BREAKERZバースデーライブのトリを飾るAKIHIDEのライブ「BREAKERZ LIVE 2019~くつろぎのMilky Way AKIHIDE’s BIRTHDAY~」が、誕生日当日の7月5日に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催された。

【写真を見る】「最高の癒しのひとときをお届けしていきたい」と語り、甘い声を響かせるDAIGO

同ライブは、バンド史上初の“癒し曲限定”ということで、ヘッドバンギングがさく裂する通常のライブとは趣きを変え、美しいメロディーと心地よいリズムが溶け合うハイクオリティーな演奏、そして新鮮なセットリストとこの日限定のライブアレンジを楽しめるスペシャルな内容となった。

開演の夜7時が過ぎ、それまでゆったりと場内に流れていたピアノのBGMがフェードアウトするとともに暗転。

夜空に輝く満天の星を想起させるライトがきらめく中、童謡「七夕さま」のインストに乗って、SHINPEI、DAIGO、AKIHIDEの順に登場。満員となった会場から大きな拍手が沸き起こり、「星の旅人」からライブは幕を開けた。

「お集りの皆さんようこそ!! 本日7月5日はAKI様の誕生日です。AKI様の誕生日は七夕に近いということで、今回はAKIHIDEさんにも、七夕にもふさわしいロマンティックなライブにしたいと思っています。

そして日々疲れているであろう皆さんに寛いでいただきたいなと。なので今日の僕達の目標はここに居る皆さんの約2割が途中で寝てしまうっていう(笑)、そんな最高の癒しのひとときをお届けしていきたいと思っていますので、最後までリラックスして楽しんでいってください」(DAIGO)

いつも通りのDAIGOらしい笑いを含んだMCの後は、名曲「世界は踊る」をドラマティックに演奏した。

曲が終わると、AKIHIDEとSHINPEI以外は一旦退場。アコースティックギター2本で「絶対! I LOVE YOU」をスペシャルなインストバージョンで披露した。

「今回のライブの趣旨に沿ってギター2人でセッションするのも面白いと思って企画しました。『絶対! I LOVE YOU』を選んだのは、ギターならではの違った感じを楽しんでいただけるかなと。僕自身とても楽しかったです。ありがとうございました!!」(AKIHIDE)

トークでひとしきり盛り上がった後は、懐かしのアコースティックナンバー「春恋歌」を披露。どこか優しさを内包した不思議と癒されるナンバーで、穏やかな時間が流れていく。

「皆さん起きてますか? 今日はいいんですよ、気持ち良くなって睡魔が襲っても。逆にうれしいです(笑)」(DAIGO)

AKIHIDEの誕生日ということで、お祝いを兼ねてDAIGOがピアノを弾き、AKIHIDEがDAIGOの代わりにボーカルを務めることに。

「DAIGOくんが作曲をして、僕が作詞をしたという、当時の僕らにとってはすごく挑戦した曲です。『星に願いを』聴いてください!」(AKIHIDE)

そして本編ラストは、バラードチューン「夢物語」でエンディングを迎えた。

さらに、アンコールで出演者全員が再びステージに姿を現すと、「ハッピーバースデーソング」が流れ出し、2番に入ると会場全体で大合唱。会場全体を見渡しお辞儀を繰り返すAKIHIDEに向けて、心からの祝福の歌が届けられた。

「誕生日ってうれしいっていうより段々と恥ずかしいっていうか、周りに気を使わせてしまって申し訳ない気持ちになったりもするんですけど、こうやってファンの皆さん、メンバー、ミュージシャンの皆さんに祝っていただけると、何にもましてすごい幸せなことで心からうれしいなと実感できます。本当にありがとうございます」(AKIHIDE)

「僕らミュージシャンは音楽でしかお返しができないので、今日は新曲を持って来ました」というAKIHIDEが詞曲を手掛けた新曲「Milky Way」が奏でられた。

最後は、「僕達にとってすごく思い出深い1曲。最後に皆さんにこの希望を届けたいと思います。ありったけの思いを込めて歌います!」とDAIGOが力強くメッセージを送り、ラストソング「オレンジ色の空」で、およそ2時間のライブは大団円を迎えた。

終演後には、記念すべき20枚目のシングル「闇夜に舞う青い鳥」が9月4日(水)にリリースされることが発表された。(ザテレビジョン)

最終更新:7/9(火) 17:51
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事