ここから本文です

春ドラマ採点 最も残念だったのは「二階堂ふみ」 デーブの提言は予言になるか

7/9(火) 6:00配信

デイリー新潮

 さしたる話題にもならず、大ヒットもなく終わった4月期の連ドラ。中でもヒドかったのはどれか、ワースト3をコラムニストの林操氏に挙げてもらった。はてさて、その理由は――。

【画像】二階堂ふみ ショートパンツからスラッと伸びる美脚

 ***

 この4~6月期はニッポンの連ドラにとって大きな節目でした。

 いや、4月で平成が終わって5月に令和が始まったとか、6月にジャニー喜多川さんがクモ膜下出血で入院したとか、そういう話じゃありません。10連休前の4月23日、この日は、デーブ・スペクターがこんなツイートしてから、ちょうど2年だったのよ──。

〈つかぬ事を言いますが、全てのテレビ局が全てのドラマを止めた方がいいと思います。進化してないし海外ドラマから何も学習してないし、相変わらず視聴者を無視する芸能プロダクション先行で不適切なキャスティング。2年間の休憩してリセットする事を勝手ながら勧める。オチがなくてすみません〉(原文ママ)

 当時はそれなりに騒がれたものの、それからの2年間、ニッポンのすべてのテレビ局は、すべてのドラマを止めるようなことはせず、休憩もリセットも当然せず、それでニッポンの連ドラは、さてどうなったか。2年という時間を区切っての問題提起、その結果が現れてくるのが今年の4月クールだったわけです。

 で、蓋を開けてみれば、開いた蓋は地獄の釜の蓋で、しかも底が抜けてましたとさ、というオチ。今さら世帯視聴率の話で恐縮ですが、民放プライム帯(夜7~11時)の連ドラ全14本のうち、全話平均が2桁に乗ったのは「緊急取調室 3rd SEASON」「ラジエーションハウス」「集団左遷!!」の3本だけで、そのうちトップの「キントリ」でも15%に届かなかった(13・1%)という体たらくです(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 一方、全話平均の数字で下から数えた3本もキツい。「スパイラル~町工場の奇跡~」「パーフェクトワールド」「ストロベリーナイト・サーガ」のうち、テレ東の経済モノというハンディ付きの「スパイラル」はともかく、フジ系の「パーフェクト~」と「ストロベリー~」は、テレ朝・金曜深夜の「家政婦のミタゾノ3」と同じレベルの6%台でした。

1/3ページ

最終更新:7/9(火) 10:55
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事