ここから本文です

MotoGP前半戦終了。日本人ライダー 7人は皆、輝きを放っていた

7/9(火) 7:17配信

webスポルティーバ

真崎一輝(まさき・かずき/18歳/BOE Skull Rider Mugen Race)は、Moto3の日本人勢のなかで唯一、KTM陣営のライダーだ。2017年にRed Bullルーキーズカップで年間総合優勝を果たして、2018年からMoto3クラスにステップアップし、今季で2年目のシーズンを迎える。

 2019年のシーズン前半は、リズムがうまく噛み合わないことも少なからずあり、まだ思いどおりの結果を残せないでいる。Moto3昇格以降、使い始めるようになったサムブレーキ(左手親指で操作するリアブレーキ)にも十分に順応し、技術面でも地道に向上を見せている。意欲と能力をレースリザルトに結びつける、あともう一歩の「何か」を見つけることが、夏休み以降の後半戦の課題になるだろう。

西村章●取材・文 text by Nishimura Akira

4/4ページ

最終更新:7/9(火) 7:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事