ここから本文です

人気女子プロ11名の決意表明。 本領発揮はこれからだ

7/9(火) 10:57配信

webスポルティーバ

松田鈴英(21歳)まつだ・れい/1998年1月24日生まれ。滋賀県出身。今季出場17試合。賞金ランキング21位(2739万7666円)。トップ10入り6回。最高位3位タイ。ツアー未勝利。

 昨年よりは、すべてにおいて確実に成長できていると感じています。あとは優勝なんですが、これは運もあると思うので、それを待つだけかなと思っています。

 ずっとショットの調子がよくて、あとはパッティング次第という状態だったのに、なぜか(6月の)宮里藍 サントリーレディスオープン(10位タイ)ではショットがよくなくて......。でも、パットがよかったんです。だから両方がうまくかみ合ってくれれば......という感じなんです。

 ツアー本格参戦2年目で、スケジュール的にも慣れてきて、取れるところでしっかりと休養も取れているので、昨年より気持ちの面も楽にはなっています。休みの日はトレーニングをして、あとはショッピングとかして、息抜きもできていますよ。

 映画とかも見たりします。ジャンルは何でも。流行りのモノを見るという感じです。音楽はとくに誰が好きとかはないんですけど、ハジけるものよりはバラード系のほうがいいですね。

(前半戦の成績は)いい感じかなと思っています。ただ、前半戦で優勝することが目標だったので......。後半戦では、優勝すること、そして2勝目、3勝目も狙ってがんばっていきたいと思います。

香妻琴乃(27歳)こうづま・ことの/1992年4月17日生まれ。鹿児島県出身。今季出場14試合。賞金ランキング112位(164万7000円)。トップ10入り0回。最高位23位タイ。ツアー通算1勝。

 前半戦は、ケガが多くて思うように練習ができなくて、それで成績もあまり出せなかったという感じでした。

 実は、シーズンの初めからトレーニングや練習を結構ハードにやったことが、ケガにつながった部分もあると思うんです。今後は、そこら辺の体調管理を含めて、バランスを考えてやっていかなければいけないと思っています。

 昨季優勝してシード権があるので、後半戦も(試合に)出られるのは大きいです。最近はケガも治って体調的にもよくなってきて、ショットも、パッティングも調子が上がってきているので、これからがんばって成績を出していきたい。

 目標はシード権の獲得ですね。それと、自分がホステスプロを務めるサマンサタバサ ガールズコレクション・レディース(7月19日~21日/茨城県)でしっかり成績を出したいなと思っています。

 あとは、今シーズンは笑顔でプレーすることも目標にしていました。去年よりはできているかなと思うんですけど、引き続き笑顔でのプレーをお見せできるようにがんばります。

2/7ページ

最終更新:7/9(火) 10:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事