ここから本文です

野村克也が語る「遊撃手」

7/10(水) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

宮本は守備の名手かつ「一流のワキ役」だった

阪急黄金時代を支えた名遊撃手・大橋穣/写真=BBM

 野球は点取りゲームであると同時に、失点しなければ負けないスポーツだ。守りで0点に抑えれば、絶対負けることがない。

 そこで最も重視されるポジションは、センターライン。キャッチャー、ピッチャー、セカンド、ショート、センターである。勝敗のカギは7割方、バッテリーが握っているとはいえ、やはり二遊間の固定は、チーム作りの根幹だ。

 特にこの2つのポジションには、守備のうまさのみならず人間性も求められる。チームプレーを優先し、ピッチャーに対しても気配り、目配りを欠かさず、試合中もタイミングを見計らってマウンドに駆け付ける。バッテリーのサインから目を離さず、常に先を読んで備える。いわば、内野のリーダーだ。だからプロ野球の名監督には、セカンド、ショート出身が多いのだろう。

 ヤクルト監督時代の1994年、私は守備のうまいショートを探していた。ショートの池山隆寛が当時アキレス腱を痛めており、彼をサードにコンバートするつもりだった。「即戦力のショートを獲ってほしい」と編成部に掛け合うと、「バッティングに目をつぶってくれるなら、いい選手がいる」と言う。それが、現ヘッドコーチの宮本慎也だった。

 確かに、いい選手だった。守備はうまい。だが、同志社大時代に首位打者を獲ったというバッティングは、非力そのものだ。私は宮本にこう言った。

「お前に『八番・ショート』をやる。打率は2割5分でいいから・・・ 本文:2,006文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:7/10(水) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る