ここから本文です

2700ツネ、ホテルで「全裸目隠しプレイ」写真

7/10(水) 6:03配信

SmartFLASH

 冒頭の写真で目隠しをしている右の男。お笑いコンビ「2700」のツネこと常道裕史(36)だ。

「2700」は、「右ひじ左ひじ交互に見て」のリズムネタで、8年前にブレイク。スリムクラブと同じく、指定暴力団幹部の誕生会に出席して、6月末に吉本興業から無期限謹慎の処分を受けている。写真を入手した本誌は、現場にいた女性に話を聞いた。

「4年くらい前のことでした。ツネさんたちと、ホテルで飲んでいたら、こんな流れに……」

 一緒に写る “刺青男” は、「ツネの友人だ」と彼女は続ける。

「合コンだったんです。ツネさんと、友達の “怖い系” の人が来ると聞いていました。来てみたら、コワモテなだけの人でしたけど。

 居酒屋で飲んだ後、ツネさんが予約していたホテルに行くことになって。しばらくすると、ツネさんが、塗る媚薬みたいなものを、『先輩にもらった』と言って出してきたんです。

 その流れで『目隠しして、手を縛ってみようよ』みたいな話になり、ツネさんたちが実演しはじめて……。私はそのあたりで、酔いも醒めて帰っちゃいました」

 2008年に結婚したツネは、当時すでに子供も生まれていた。「闇」の遊びは、ほどほどにしたほうがいい。


(週刊FLASH 2019年7月23・30日号)

最終更新:7/10(水) 10:04
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事