ここから本文です

オランダのサッカーはかくあるべき。W杯決勝進出の女子代表に見えた変化

7/10(水) 21:05配信

footballista

女子代表が、国民の関心事に昇華した

 「オランダ代表には1700万人の監督がいる」と言われている。1700万人の国民が「自分ならこのメンバーで戦う。これぞ、私が考えるオランイェの最強チームだ」と、まるで自分が指揮を執るかのように主張するのだ。しかし、あくまでそれは男子の代表チームに限ってのことだった。

 2019年女子ワールドカップで、オランダに新たな「1700万人の監督」が生まれた。初戦、6月11日のニュージーランド戦で攻守にバランスを欠いたオランダは、後半アディショナルタイムにジル・ロールトのゴールでようやく1-0で勝った。このゴールに3人の途中出場の選手が絡んだことから、メディアとファンは「次戦はメンバーを大幅に入れ替えるべき」と、かなり強い論調で要求した。このことは、オランダ女子代表が新たなステージに立ったことを表していた。2年前のユーロで優勝したオランダ女子代表の動向は、国民の最大の関心事の一つに昇華したのだ。

 今からちょうど10年前。2009年女子ユーロに出場したオランダはフランスを0-0からのPK戦で破って3位になった。当時の女子サッカーはまだ、オランダではかなりマイナースポーツだったが、ユーロでの快進撃に国営放送局『NOS』がウェブ中継を実施した。しかし、そのプレーの質の低さに多くの人が失望し、「ポルダー・カテナチオ」と名付けて強烈に批判する記事も掲載された。

 ベラ・パウラ監督は「それまで女子サッカーに興味を持っていなかったのに、私たちが成し遂げた成果に批判だけ浴びせるのはリスペクトに欠ける」と憤り、私も「そのとおりだなあ」と思ったものだった。しかし、やはりオランダには「サッカーの作法」というものがある。KNVB(オランダサッカー協会)は、ポルダー・カテナチオの女子代表チームを好しとせず、「オランダらしいサッカー」を表現すべく強化することにし、その過程でパウラ監督との溝が深まっていった。そしてユーロのベスト4からわずか1年後の2010年、両者は袂を分かった。

 10年前の成功と批判は、シャニス・ファン・デ・サンデン、ビビアンヌ・ミーデマ、リーケ・マルテンスの強力3トップを軸に優勝した2017年ユーロへつながっている。「オランダのサッカーはかくあるべき」というイメージが1700万人の国民に共有されているから、オランダ女子サッカー代表は2年前のようなチームを作ることができたのだと思う。

1/2ページ

最終更新:7/10(水) 21:05
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 073
9月12日(木)発売

定価980円(税込)

[特集]
加速する欧州の「10代マーケット」
日本の若手が狙われる理由

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事