ここから本文です

雅子皇后「日本文化」に誇りを持ったハーバード大学時代

7/10(水) 17:00配信

文春オンライン

令和の皇后となられ、ご成婚時の輝くような笑顔を、取り戻されつつある雅子さま。
新皇后の半生を徹底取材した決定版『 皇后雅子さま物語 』(文春文庫)から、新皇后の「あゆみ」を特別公開します。 

【写真】こんがり日焼けの雅子さま

◆ ◆ ◆

ハーバード大学にご入学 机の奥には妹からの励ましの手紙

 1981年9月、ハーバード大学経済学部国際経済学科に入学した雅子さんは、モスクワに旅立った家族と離れ、「セイヤーハウス」という寮で暮らすことになった。初めての一人暮らし。新しい生活への期待と緊張でいっぱいだったことだろう。

 引っ越しの荷物の中から取り出した辞書類と経済の専門書を机の上に置いて、その横に額に入った家族の写真を並べた。そして、机の引き出しの奥には、妹たちからの大切な手紙をしまったという。手紙には、別れて暮らす寂しさや、姉を慕い励ます文章が綴られていたそうだ。

 当時、雅子さんは授業の後で立ち寄ったスーパーマーケットで、レジの横に並んで売っている、1ドルにも満たない生活雑誌「ファミリー・サークル」をよく購入したという。高校生の頃にも自宅で定期購読していたことから、料理ページや家庭生活の知恵などを読むことが息抜きだった。なかでもお菓子作りのページに目が止まり、優美子さんや妹たちと作ったケーキやパイを思い出しながら写真を眺めていたに違いない。

初めてのダンスパーティーに参加

 その年の冬、大学では恒例のダンスパーティが開催されようとしていた。男性はタキシード、女性はドレス姿で出席して、バンド演奏でワルツを踊る。雅子さんは皆から誘われたが、ワルツは踊ったこともないし晴れがましい場所は苦手だといったん断った。ぎりぎりになってようやく決意して、現れたという。青いドレス姿の雅子さんは、友人の後ろに隠れるようにしていた。まず、初めてワルツを踊る人のために簡単なステップのコーチを受ける時間があり、何度も失敗しながらいざ本番へ。雅子さんはリラックスする余裕もなく口元をきゅっと結んでいたが、堂々と踊って見せた。寮生たちから「初めてにしては、中々、上手だった」と褒められたが、はにかみながら笑うと、また友人の後ろに戻ってしまったそうだ。

1/2ページ

最終更新:7/10(水) 17:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事