ここから本文です

株価のトレンド…移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロス

7/10(水) 14:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

今回は移動平均線の読み方について見ていきます。※本連載では、マネー誌への執筆を中心に活躍するライター・安恒理氏の著書、『マンガでわかる最強の株入門』(新星出版社)から一部を抜粋し、株式投資におけるテクニカル分析の基礎となる「チャート」の読み方をレクチャーしていきます。

<用語解説>

※ 利食い…値上がりした株を売却、あるいは信用売りのときは値下がりした
株を買い戻すことによって利益を確定させること。

短期売買でも「長期のトレンド」をチェックすべき

「移動平均線」という相場のトレンドを大まかにつかむための便利なツールもあります。過去の一定期間の株価の平均値を線でつないだもので、例えば「5日移動平均線」(以下5日線)なら過去5日間の終値を合計して5で割り、これを毎日線でつなぎます。平均値を見ることで、株価に1日イレギュラーな動きがあったとしても大きな流れの中で値動きを見ることができます。

移動平均線には短期線(日足なら5日線)、中期線(日足なら25日線)、長期線(日足なら75日線)などがあり、短期トレードなら短期線、長期トレードなら長期線と、チャートと同様、移動平均線も使い分けます。

使用する移動平均線はトレードごとに異なりますが、どの移動平均線も上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンドと判断できます。ただし短期売買でも、長期のトレンドをチェックすることは大切です。もし長期、短期ともに同じトレンドならその流れは強いといえるからです。

短期線と長期線ともに上昇トレンドなら強気で臨むことができます。短期線は上昇トレンド、長期線は下降トレンドなら慎重に投資するか様子見を決めてもいいでしょう。

移動線の組み合わせで「トレンドの転換」を見極める

長短もしくは中短など期間の異なる2つの移動平均線を組み合わせてトレンドの転換を見極めることも可能です。

株価が下降トレンドにあるときは、おおむね長期移動平均線は短期移動平均線の上に位置します。このとき株価が上昇に転じようとすると、先に短期線が上向き始めます。さらに上向き続け、短期戦が長期線を下から上へ突き抜けると、本格的に上昇トレンドに転じたことを示します。この現象を「ゴールデンクロス」といい、しばらく上昇トレンドが続く可能性が強くなります。

このとき注意したいのは、ゴールデンクロスが現れたときにはすでに株価が高くなっているケースがあるということです。そのため短期線が上向き、ゴールデンクロスが現れそうな状況を予見して投資することが大切です。

ゴールデンクロスと逆のパターンを「デッドクロス」といい、下降トレンドへの転換を示します。上昇トレンドにあるとき、おおむね短期線は長期線の上にあり、2本とも右肩上がりになっています。しかし上昇から下降へトレンド転換するときは、まず短期線が下に向かい始め、そのまま短期線が長期線を上から下へ突き抜けます。これがデッドクロスです。

1/2ページ

最終更新:7/10(水) 14:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事