ここから本文です

フナイ、4K Wチューナー/録画HDD内蔵の有機ELテレビ「7020シリーズ」。新映像エンジンで高画質化も

7/10(水) 11:03配信

PHILE WEB

船井電機は、新4K衛星放送チューナーや録画用HDDを内蔵し、業界で初めて単体での4K放送録画に対応した有機ELテレビ「7020シリーズ」を7月20日より発売する。従来どおりヤマダ電機専売となり、65型の「FE-65U7020」が379,800円(税抜)、55型の「FE-55U7020」が249,800円(税抜)で販売される。

4K HDR対応の有機ELテレビで、BS/110度CS 4K放送チューナーを2基内蔵。1TBのHDDも内蔵しており、4K番組を見ながら4K番組の裏番組録画を本機のみで行える。4K放送を録画できるHDD内蔵有機ELテレビは業界初だとのこと。ただし4K番組を2番組同時録画することはできない。

2Kの地デジ/BS/110度CSチューナーは3基搭載。内蔵HDDに、4K放送なら約65時間、地デジ番組なら約128時間の録画が行える。また、登録した好きなアーティストなどの出演番組を自動で録画する「おまかせ録画」や、録画番組をジャンル別に自動分類する「おすすめ再生」などの機能が4K放送にも対応するほか、無料スマートフォンアプリ「FUNAI Connect」によって外出先から4K放送番組も録画予約できる。なお、内蔵HDDはSeeQVaultに対応している。

新たな映像エンジン「Clear Pix Engine 4K HDR OLED Z(クリアピクスエンジン4K HDR OLED Z)」を開発して搭載。AIを活用して多数のパターンを解析し学習したデータベースを参照し、ノイズ低減処理と超解像処理を同時に行う。これにより、なめらかな階調表現と高精細な映像を再現するとしている。

HDR信号はHDR10とHLGに加えてドルビービジョンにも対応。そのほか画質面では倍速駆動、入力映像を細分化してコントラストをエリアごとに制御する「エリアコントラストコントロール」などにも対応している。

加えて、色のズレなどを補正しながら色再現範囲を拡大するという「ブリリアントワイドカラー」や、独自アルゴリズムによって地デジ番組などを4K相当の画質にアップコンバートする「4Kクリアピクスリマスター」などの機能も搭載。秒間24コマの映画やアニメなど、フレーム数の少ない映像をなめらかに映し出すという「なめらか再生」にも対応している。

そのほか、ホーム画面をリニューアル。録画や再生などユーザーの操作が直感的にわかるユーザーインターフェースに改良したとしている。

インターネット動画サービスはYouTube/YouTube Kids/Abema TV/U-NEXT/DAZN/dTV/ひかりTV 4K/アクトビラ4K/TSUTAYA TVに対応。NETFLIX、Amazon Prime Videoには対応しない。

音声面では「2.2ch OLEDフロント型FUNAIサウンドシステム」を搭載。前面に配置したフルレンジスピーカーで音をダイレクトに届けるとともに、大容量ウーファーで低音域もカバーしている。パッシブラジエーターも前後面に対向配置し、これらによって低音域の表現力を大幅に拡充したとしている。

スピーカーユニットの磁気回路にはネオジム磁石と銅キャップを採用。駆動力に余裕をもたせることで歪みの少ないクリアな音質となるよう配慮している。また、最大5W出力のマルチアンプ駆動によって、各スピーカーに最適な周波数分割を行うことでスピーカーの性能をフルに引き出すとしている。

加えて、コンサートホールの音響設計などで実績をもつスイスのソニックエモーション社が開発した3D音場形成技術「Sonic Emotion PREMIUM PLUS」を搭載。低音の重厚感を意識した音作りを行って2.2chのサウンドシステムに同技術を最適化している。

HDMI端子は3系統で、全端子が4K(3,840×2,160)60p/4,096×2,160(4:4:4)に対応。「HDMI 1」端子がHDCP2.2およびARCに対応している。

デザイン面では、画面を傾斜させわずかに浮かせることで映像の見やすさを追求したとのこと。正面からスタンドが見えないデザインにすることで、視聴に集中できるよう配慮している。

フナイでは「4Kで観る。4Kで録る。」をキャッチコピーに製品の魅力を訴求していくと説明。なお、製品企画・生産とも日本国内で行っている。また、ヤマダ電機との専売契約は「(日本市場へ本格的に再参入した)2017年から10年間の契約になっている」という。

編集部:小野佳希

最終更新:7/10(水) 11:03
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事