ここから本文です

三浦春馬、娘役の稲垣来泉にメロメロ! 一緒の時間は「しびれます」

7/10(水) 19:09配信

ザテレビジョン

7月16日(火)にスタートする三浦春馬主演ドラマ「TWO WEEKS」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系※初回は9:00-10:09)の制作発表会見が10日に東京都内で行われ、三浦春馬をはじめ、芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、稲垣来泉、高嶋政伸、黒木瞳が登場した。

【写真を見る】本当の父親のように“娘”稲垣来泉(左)の目を見て語り掛ける三浦春馬(右)

本作は、殺人のぬれぎぬを着せられた主人公が、白血病の娘を救うために逃亡する姿を描いた2週間のタイムリミットサスペンス。

主人公・結城大地を演じる三浦春馬は「毎日走り続けていますし、ほぼ一人で険しい表情だったり苦しい感情だったりと向き合っています」と撮影を振り返った。

そして、「ずっと寂しい思いをしていたので、昨日(9日)、久々に他の出演者と芝居ができて、それがいかにうれしかったか…」と感慨深そうに語った。

また、本作で初めての父親役を務める三浦春馬は、撮影中、結城とすみれ(比嘉)の娘・はな役の稲垣に癒やされているそうで、稲垣との時間を「しびれます」とコメント。

続けて、「撮影に入る前は、ここまで首ったけになる感じはないんだろうなと思っていました」と語りながらも、「最近、現場で撮った写真を待ち受けにしています。時間を確認するごとにその写真を見られるので、それが本当に心の支えになりモチベーションにつながっています」と照れながら告白した。

■ 刑事側と結城側への気持ちで葛藤

月島楓として初の検事役を務める芳根は、作中では検事らしいキリッとした表情が印象的。そのことについて「自分でもこういう顔をするんだと思うくらい新鮮に感じています。視聴者の方に驚いてもらえたらいいなと思います」と打ち明けた。

また、はなの母親・青柳すみれを演じる比嘉は「今までは自立した女性や気が強い女性が多かった」と言い、連続ドラマでは初となる母親役に不安を抱えていたそう。

しかし、「(稲垣に)見詰められたらもう駄目です」と明かし、「現場でもずっと目で追ってしまうし、撮影終了後、『バイバイ』と言った後には心がギュッとなるんです。これは恋だなと思います」と母性をにじませた。

そんな中、比嘉が稲垣に「いつも助けられています。ありがとう」と語ると、稲垣は「どういたしまして」とかわいらしく返答。会場は温かい空気に包まれた。

すみれの婚約者で、結城を追う刑事・有馬海忠を演じる三浦貴大は、台本を読んだ感想について「自分の役ではあるのですが、結城を捕まえないでほしいなという気持ちで読んでいた部分もありました」とコメント。

そして、視聴者に対し「悪い人を追い掛けるだけの刑事ドラマではないので、刑事側にも頑張ってほしいけど、結城を捕まえないでほしいなという気持ちのような葛藤が生まれると思います」と語った。

楓と旧知の仲の国会議員・久我早穂子を演じる黒木は、自身の役柄について「小児医療の未来のために志を形にしていく政治家です。逃亡劇に一役買うのかどうなのかも楽しみにしていただければ」とアピール。

毒蛇のような笑顔が印象的な本作きっての悪役・柴崎要を演じる高嶋は、世界の凶悪犯罪者たちの“目が笑っていない笑顔”を参考に演技していることを明かし、「本作では人の道ではなく“邪”の道を生きていこうと思います」と意気込んだ。

■ 三浦春馬が稲垣来泉にアドバイス

質疑応答では、稲垣が「すてきな俳優さんになるにはどうすればいいですか?」と出演者に対しピュアな質問を投げ掛ける場面も。

三浦春馬は悩みながらも「僕も子役からやっているので、友達との体育祭とか宿泊学習を存分に楽しんでほしいです。その中にある喜びや悲しみなど、リアルな感情を感じることが大切なんじゃないかな」とアドバイスした。

一方、芳根は「どこでも寝られること」と提案。すると三浦春馬は、稲垣に「撮影中に眠くなって本番中に寝ちゃったんでしょ?」と質問。撮影の合間に走り回っていた稲垣は、疲れてしまったのか、せりふを言いながら眠ってしまったという。

そんな子どもらしい一面を明かされた稲垣は「ちょうどベッドのシーンだったから…」と恥ずかしそうに弁解した。

最後に、本作の見どころについて、比嘉は「非日常的ですが、なぜこんな思いをしながら結城が逃げ続けるのか。そこには、娘への愛情が原動力になっていると思います」と分析。続けて「すみれや登場人物たちの、大切な人へのそれぞれの思いが交差していることが作品の魅力」とコメントした。

三浦春馬は「1話の中でさえも主人公の感情や表情が目まぐるしく変わっていくので、本当にスピーディーな展開を感じていただけると思います」とアピール。

そして「この夏一番のスリリングでハートウオーミングなドラマをお届けできると自負しております。20代最後のドラマ出演になると思うので、20代をかけてこのドラマをお届けできればと思います」と力強く語った。

(ザテレビジョン)

最終更新:7/14(日) 13:16
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事