ここから本文です

「とても静かで安全」 Jリーグ海外助っ人MFが日本を絶賛「長い間、ここにいたい」

7/10(水) 7:20配信

Football ZONE web

Jリーグ4年目を迎え、日本で公式戦100試合超出場も…「僕はもっと出場したい」

 J1名古屋グランパスのブラジル人MFエドゥアルド・ネットは今季でJリーグ4シーズン目を迎えているなか、「長い間、日本にいたいと願っている」と母国メディア「「UOLエスポルチ」に語った一方、「とても静かで安全」と日本を絶賛している。

 2016年にアヴァイから川崎フロンターレに期限付き移籍し、1年目からリーグ戦27試合(2ゴール)に出場。完全移籍に切り替えった翌シーズンも31試合(1ゴール)とフル稼働し、チームの初優勝に大きく貢献した。2018年夏、川崎時代に指導を受けた風間八宏監督が率いる名古屋へ移籍。今季は右股関節手術で戦線から離脱するも、6月30日のヴィッセル神戸戦で戦線復帰を果たした。

 ここまで日本で公式戦103試合(6ゴール)に出場しているブラジル人MFは、母国メディア「UOLエスポルチ」に対して「日本で100試合以上に出場した。それは重要な数字だけど、僕はもっと出場したいんだ」と語り、日本でのさらなるプレーを熱望している。

 また「僕は日本に4シーズンにいて、すべてにおいて幸せだ」と充実感を漲らせ、「日本での生活はとても静かで安全だ」と絶賛。「長い間、日本にいたいと願っている。家族もこの国に完全に順応している」とすっかり馴染んだ様子を覗かせる。

日本サッカーは「非常に組織的」と高評価 公私ともに充実「この国に居られて本当に幸せ」

 その一方、サッカーの質に関しては「日本は非常に組織的」と高く評価しており、「この国に居られて本当に幸せ」と言及するなど、公私ともに日本での生活に満足しているようだ。

 チームは現在リーグ戦3連敗を喫して9位(勝ち点25)。直近リーグ戦6試合で1分5敗と苦戦を強いられているなか、E・ネットも「今は首位から離れていて、トップのFC東京(勝ち点39)を追い抜くのは難しい状況だ。タイトルが獲れなくても、アジア・チャンピオンズリーグ出場圏内(3位以内)に食い込めれば素晴らしいことだと思う」と前を向く。

 E・ネットはここ2試合でフル出場するなど本格復帰を果たしており、チーム浮上の起爆剤となるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/10(水) 13:18
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事