ここから本文です

「コパ・アメリカ ベストスキル10選」 “レアル久保”の股抜き&超絶トラップが選出

7/10(水) 10:50配信

Football ZONE web

DAZNが大会ベストスキルを独自選出 メッシらが並ぶなか久保は唯一の2個ノミネート

 ブラジルで開催されたコパ・アメリカ(南米選手権)は、決勝でペルーを3-1と下したブラジルの4大会ぶり通算9回目の優勝で幕を閉じた。今大会も数々の美技が生まれたが、独占中継したDAZNが独自にベストスキル10個を厳選。日本代表のMF久保建英(レアル・マドリード)とMF中島翔哉(ポルト)もノミネートされている。

【動画】“レアル久保”の股抜き&超絶トラップ、中島翔哉のマルセイユ・ルーレットも登場 DAZN選出「コパ・アメリカ2019ベストスキル集」

 最初に登場するのが、グループリーグ初戦のチリ戦(0-4)でA代表初先発を飾った久保だ。トップ下に入った18歳のレフティーは前半12分、中盤でボールを持つと、対峙したチリ代表MFエリック・プルガル(ボローニャ)がボールを奪おうと足を出してきた瞬間、左足アウトサイドでボールを押し出して綺麗に股抜きに成功。そのまま持ち上がりゴール前に上げたグラウンダーのアーリークロスは惜しくもクリアされたが、会場のエスタディオ・ド・モルンビーに詰めかけた観客は大きく沸いた。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)がグループリーグ初戦のコロンビア戦(0-2)で見せた股抜きを挟み、中島がウルグアイ戦(2-2)でDFジョバンニ・ゴンサレス(ペニャロール)とMFルーカス・トレイラ(アーセナル)を手玉に取ったマルセイユ・ルーレットも登場。ペナルティーエリア内で倒されたが、惜しくもPK判定とはならなかった。

 アルゼンチン代表の21歳DFフアン・フォイス(トットナム)がブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)を翻弄したボディフェイントや、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(バイエルン→未定)のノールックヒールパスが選ばれるなか、久保はエクアドル戦でタッチラインを割りそうな後方からのボールを、左足を伸ばして空中で鮮やかにコントロールし、足元に収めた華麗なテクニックもノミネートされている。厳選10個のなか、久保は唯一の2プレーが選出された。

 今夏に電撃移籍が決まったレアルで、コパ・アメリカで披露したテクニック以上のプレーを見せられるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/14(木) 13:42
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事