ここから本文です

冨安健洋、移籍先の“古豪”ボローニャはどんなクラブ?

7/10(水) 12:51配信

フットボールチャンネル

 ベルギー1部のシント=トロイデンVVからセリエAのボローニャに移籍することが発表された20歳の日本代表DF冨安健洋。移籍先であるボローニャは、かつて中田英寿氏がプレーしたクラブとして知られている。この機会に、一度ボローニャを振り返ってみよう。

【動画】日本、未来の布陣はこれだ! カタールW杯の日本代表イレブンを予想

 ボローニャはイタリアのエミリア=ロマーニャ州ボローニャを本拠地とするサッカークラブで1909年に創設された。歴代選手の中で有名な人物と言えば、中田英寿氏の他にロベルト・マンチーニ氏、ロベルト・バッジョ氏などがいる。アルベルト・ザッケローニ氏やフィリッポ・インザーギ氏などがチームを率いた経験があり、現在はシニシャ・ミハイロヴィチ監督が指揮官を務めている。

 セリエA優勝は7回、イタリア杯(コッパ・イタリア)制覇は2回あるが、いずれも最後にタイトルを獲得したのは40年以上も前。つまり、古豪と言われている。ただ、近年は少しずつ力をつけてきており、今季はセリエAで10位に終わっていた。コッパ・イタリアではベスト16入りを果たしている。果たして、冨安はボローニャでどのような活躍を見せるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/10(水) 13:15
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事