ここから本文です

チェルシーの29歳DF、新指揮官の下で期待高まる新シーズン。「彼は試合を支配しろと」

7/10(水) 17:03配信

フットボールチャンネル

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーに所属するスペイン代表DFセサル・アスピリクエタは新シーズンへ期待感を示している。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の9日に報じた。

 チェルシーでは、指揮官マウリツィオ・サッリが辞任し、ユベントス新指揮官に就任。後任として迎えられたのは、ダービー・カウンティを率いていた指揮官フランク・ランパードだ。そのランパードに対して29歳のアスピリクエタは期待感を示している。

 アスピリクエタはインタビューで「僕は本当に新シーズンを楽しみにしている。ランパードは僕たちに強度を高めてプレーすることを望んでいる。さらに、試合を支配しろと指示する。指揮官は僕たちにプレーの仕方を教え、僕たちはキャンプを楽しんでいる」と話した。

 初のUEFAチャンピオンズリーグの舞台となるランパードだが、欧州の主要大会で結果を残すことができるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/10(水) 17:03
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事