ここから本文です

日産リーフのコンポーネンツを使用して開発されたEVレーシングカー「リーフ・ニスモRC02」に乗ってみた!

7/10(水) 11:30配信

週プレNEWS

日産が誇る電気自動車「リーフ」をベースに開発された、マジで超カッケー2座席レーシングカーに自動車ジャーナリストの塩見サトシがびんびん試乗。その実力に迫ってきたぜぇ~!

【画像】リーフをベースに開発された「リーフ・ニスモRC02」

* * *

■リーフベースのレーシングカーの全貌
新車は少なくお家騒動ばかりの日産。近頃は自動車専門誌よりも新聞経済面や経済専門誌に取り上げられる機会のほうが圧倒的に多い。自動車メーカーの広報は、企業そのもののPRや不祥事への対応を担う企業広報と新車PRを担う商品広報とに分かれる。

「企業広報は忙しそうだけど商品広報はそうでもなさそう」とわれわれ自動車ジャーナリスト連中が軽口を叩いていたのが漏れ伝わったのか、商品広報から「次の新車発表(秋に予想される、条件付きで手放し運転可能なスカイラインのマイチェンのこと)までまだしばらく時間がありますが、ここらでひとつレーシングカーに乗りませんか?」との声がかかった。

というわけで6月某日、神奈川県の大磯プリンスホテル(大駐車場)に集合。ポロリがお約束の芸能人の水泳大会は行なわれていなかったが、2台のレーシングカーが待ち受けていた。その正体は「リーフ・ニスモRC02」。市販車のリーフのコンポーネンツを使って開発されたEVレーシングカーだ。

日産のモータースポーツ活動を担うニスモが開発。市販リーフを想起させるスタイリングが採用されているものの、全長4546mm、全幅1942mm、全高1212mmというロー&ワイドな外寸からわかるとおり、骨格はまったくの別物だ。

市販リーフにも採用されるEM57モーターが前後車軸に1個ずつ組み込まれ、4輪を駆動する。各モーターの最高出力は120kWで、システム最高出力は240kW、同最大トルクは640Nmに達する。車両重量は1220kg。

時速100キロ加速は3.4秒だが、これは市販タイヤによるもの。レース用ハイグリップタイヤを装着すればもっと速い。最高速は220キロに制限されている。

ドアを開け、幅広いサイドシルを乗り越えて低く設定されたバケットシートに座る。シートポジションを合わせ、4点式シートベルトをスタッフに締めてもらう。乗り込みにくいが、シートに収まってしまえば車内は狭いわけではない。視界も前後左右とも良好だ。



ステアリングホイールには多数のスイッチと液晶画面があり、ウインカーやワイパーなどを含むほとんどの機能をステアリングスイッチで操作する。

1/2ページ

最終更新:7/10(水) 11:30
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.35
8月19日(月)発売

定価400円(税込)

プロ野球「真夏の怪談」/「大人の引きこも
り」ゼロを目指すスゴイ自治体/6億円当て
た男の「大逆転人生論」【グラビア】えなこ
&似鳥沙也加/平祐奈/脇田穂乃香 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事