ここから本文です

女性らしいキレイな身体づくりに「ボタニカルプロテイン」がおすすめな理由

7/11(木) 7:04配信

ウィメンズヘルス

トレーニングと食事が密接な関係にあるのは知っているけれど、プロテインによって筋肉が肥大したガッチリ体形にはなりたくない。今、美しいフィットネス女性たちが愛飲しているのが植物性原料で作られたボタニカルプロテイン。今回は、アスリートフードマイスターで自身もトライアスリートである北川麻利奈さんに女性の体づくりに最適な理由を伺った。

【写真】目的別!女性におすすめの「プロテイン」

女性こそプロテインが必要

三大栄養素とビタミンミネラルをバランス良く摂取することが、日常の食事において大切なルール。しかし、いつも理想どおりの食事が摂れない時は栄養補助食品に頼るのが得策。特に、キレイなボディラインを目指してトレーニングしているフィットネスガールたちに欠かせないのがタンパク質。糖質や脂質とは違い、筋肉や肌、髪の原材料となってくれるうえ、トレーニングによって傷付いた筋肉の修復を早めてよりパワーアップさせてくれるから、意識的に摂取したい。運動をしない一般成人女性でも、1日あたり50gのタンパク質摂取が必要と言われている中で、その必要量に達していない女性がとても多い。さらに、1回あたりの食事で吸収されるタンパク質の量は約25gと決まっているため、一度の食事でたっぷりのタンパク質を摂取するよりも3度の食事で一定量を摂るのが良いとされている。しかし、肉や魚、大豆製品といったタンパク質の代表格には脂質も含まれている。ダイエットをしているのであれば、余分な脂質摂取は避けたいところ。

そんな時にオススメなのが補助食品としてのプロテインの活用。最近では様々なプロテインが世に出ているので、口にしたことがある人も多いかもしれない。その中でも最近注目を集めているのがボタニカル(植物性)プロテイン。

ボタニカルプロテインの特徴

動物性が主流だったこれまでのプロテインはホエイやカゼインが原材料に使われており、それぞれ特徴がある。ホエイは吸収が速く、アミノ酸が豊富に含まれているため筋肉の修復速度も高く、強い身体を作るのに最適。カゼインは水溶性のホエイとは異なり不溶性のため、吸収速度が緩やかで、腹持ちがいいとされている。

では、植物性のプロテインは? 原材料は豆類や米が主流。カゼインと同じく消化吸収速度がゆっくりのため満腹感が持続しやすいうえ、ソイプロテインなら大豆に含まれるイソフラボンの効果で皮膚や骨の強化、血流改善が期待できるのがポイント。また、カゼインは後天性アレルギーに反応するリスクがあるが、大豆であればその確率は下がるというメリットもある。しなやかな筋肉を手に入れるための吸収速度や美容への効果、腹持ちの良さから、置き換えダイエットにも使えるボタニカルプロテインは、まさに女性に適したプロテインといえそう。

最終更新:7/11(木) 7:04
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事