ここから本文です

最近流行りの「羽」の名前は、ウイング……何でしょう? その機能と効果を分かりやすく解説します!【現代バイク用語の基礎知識2019】

7/11(木) 19:30配信

webオートバイ

答えは〈ウイングレット〉。ダウンフォースを生むGPテクノロジーだ!

【主な機能・効果】
1.不要なフロントリフトの低減
2.安定した走行性能の確保

2016年ごろから、MotoGPマシン各車に装備されて話題を呼んだのがWINGLET(ウイングレット)。

中にはまるでF1のような大型ウイングまで登場したが、その後のレギュレーションの改定などで現在は控えめなものとなっている。

そんなウイングレットが近年市販車にも導入され始めており、2019年モデルのドゥカティ・パニガーレV4Rには、2016年のワークスマシン・デスモセディチGP16のノウハウが入ったウイングが装着されているほか、カワサキのニンジャH2Rには、川崎重工業の航空機部門の協力を得て製作されたウイングが備わっている。

こうしたウイングの主目的はシンプルで、バイクの車体のフロント部を押さえつけること。

急加速時などの際に起きるフロントタイヤのリフトを抑えることで加速性能を高め、ラップタイムの向上につなげるものだ。

他にも、ダウンフォースが増加するため、コーナーの進入時に安定感が増すなどの効果も実証されている。

webオートバイ編集部

最終更新:7/11(木) 19:30
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事