ここから本文です

【RISE】那須川天心vsスアキムの再戦がメイン、「爆発させる」のは第1試合の18連勝男vs人獣

7/11(木) 18:42配信

ゴング格闘技

2019年7月21日(日)エディオンアリーナ大阪・第1競技場『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2019』の全対戦カード&試合順が決定した。

【写真】スアキムに右フックを見舞う那須川

 本戦10試合+オープニングファイト3試合の全13試合のメインイベントを飾るのは、-58kg世界トーナメントの準決勝、RISE&ISKA世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)vsルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者スアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ/PKセンチャイムエタイジム)となった。

 両者は2018年2月に『KNOCK OUT』で対戦し、3分5Rフルに戦って那須川が判定勝ちしている。しかし、那須川にとってその時点でキャリア史上最強の敵と言われたスアキムは、試合後の那須川に「マジ強かった。試合でこんな思いをしたのは初めてです。本当に怖かった」と言わしめた。

 那須川は3月に行われた1回戦ではフェデリコ・ローマ(アルゼンチン)を、片手で倒立しながら蹴るハイキック=天心キックで衝撃KO。スアキムはタリソン・ゴメス・フェレイラ(ブラジル)に、2度のダウンを奪われてKO負け寸前からの大逆転KOを収めている。

 再戦で那須川が返り討ちにするのか、それともスアキムがリベンジを果たして那須川に初黒星をつけるのか。

 セミファイナルでは、同じく-58kg世界トーナメントの準決勝、ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級王者ルンキット・ウォーサンプラパイ(タイ/ウォーサンプラパイジム)vs ISKAムエタイ世界バンタム級王者・志朗(BeWELLキックボクシングジム)が行われ、その前の第10試合では-61kg世界トーナメントの準決勝としてRISEスーパーフェザー級王者チャンヒョン・リー(韓国/RAON)vs元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者・梅野源治(PHOENIX)、第9試合ではラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者セクサン・オー・クワンムアン(タイ/ソーソムマイジム)vs RISEライト級王者・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)と並んだ。

 今大会にはRISEバンタム級王者・鈴木真彦(山口道場)、RISE三階級制覇王者・裕樹(ANCHOR GYM)、RISEフェザー級王者・工藤政英(新宿レフティージム)らRISEの主力選手が勢ぞろいするが、伊藤隆RISE代表は「大阪大会を爆発させるのは第1試合!」と、第1試合をプッシュしている。

 その第1試合とは、英雄伝説2017年-60kg級アジア王者Ryuki(RKS顕修塾)vs DEEP☆KICK-60kg王者・中村寛(BKジム)。

 Ryukiはアマチュア時代に約130試合を経験。2015年にプロデビューを果たすと、2018年8月には『RIZIN』にキックボクシングルールで参戦して勝利し、なんとデビュー以来18戦無敗の記録を打ち立てた。連勝記録は2月の『RISE』で篠塚辰樹に判定で敗れて途切れたが、3Rには逆転KOするかと思われるほどの反撃を見せている。

 対する中村は極真空手と日本拳法をバックボーンに持ち、6月の『RIZIN.16』にキックボクシングルールで参戦すると現HOOST CUP日本フェザー級王者・元RISEフェザー級王者の一刀(モンスタージャパン)を2R18秒でKO。1Rに右フックでダウンを奪い、2Rに左ハイキックで仕留めるインパクト大のKO劇で無敗記録を8戦全勝8KOに伸ばした。ニックネームは“人獣”。

 両者とも攻撃的かつ常にKOを狙うスタイルであり、間違いなく大いに盛り上げてくれそうだ。

最終更新:7/11(木) 18:42
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事