ここから本文です

ジャニーズタレントに恋したアラサー、アラフォーにとってジャニーさんは神!その感謝の声を聞いてみた

7/11(木) 17:02配信

Suits-woman.jp

ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川さんの訃報が発表され、ネットはジャニーさんの功績や、過去を含めた所属事務所タレントのコメントまとめが続々と流れています。

救急搬送されたというすっぱ抜きがネットに出てからしばらく公式情報が出ず、フェイクニュースではという不審とともに、ジャニーさんがご高齢なのは知っていたこともあり、「自身の死後の混乱を恐れて武田信玄のように影武者の準備をしているのでは……」などという人もいました。

実際、ここ数週間、「万が一、ジャニーさんが亡くなったら、ジャニーズ事務所はどうなるんだろう……」ともやもや、というか心をざわつかせていたジャニーズ好きのアラサーは多いです。といっても、ジャニーズ事務所の存続などといった大それたことではもちろんなく、好きなタレントさんたちを通して見知っていた「すごい人」がいなくなることで、ジャニーズのタレントと共にある自分の世界にどんな変化があるんだろうという漠然とした不安なのですが。ウォルト・ディズニー氏の死後、今でもそのDNAが受け継がれ決してブレることのないディズニーの世界同様、何も変わらないかもしれないし、第2ステージに入るのかもしれない。それは私たちにはわからないことですが、わからないだけに、ただなんとなくもやもやとしてしまうというのが現状です。

「何より気になるのが、これからジャニーズからデビューする子たちのグループ名。もう、え?それ?的なすごい発想のネーミングはないのかな」と言うアラサーもいました。スポーツ、ミュージック、アッセンブルピープルでSMAP、メンバー全員が平成生まれだから平成をもじってヘイ!セイ!+飛躍の意味とJohnny Ultra Music Powerの頭文字でHey! Say! JUMP、メンバーの頭文字でつくった読めそうで読めないKis-My-Ft2などなど、ジャニーさんじゃないと決して思いつかないであろう痺れるグループ名はジャニーズの名物とも言えるものです。

1/2ページ

最終更新:7/11(木) 17:02
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事