ここから本文です

ツウも唸る隠れ名車! まだ安く入手可能なちょっとマイナーな国産ネオクラ車4選

7/11(木) 11:42配信

WEB CARTOP

今ならまだふた桁万円で入手できる個体が多数!

 未だに「旧車」というと1970年代以前のモデルを指すことが多いが、気がつけば来年で2020年となるわけで、1980年代に生まれた車両たちであっても40年近い年月を経た、立派な旧車と言えるのではないだろうか。

意外な車種が高値!アメリカで人気のネオクラ日本車5台

 そこで今回は80年代に生まれたモデルのなかから、これからジワジワと価値が上がりそうな車両を独断と偏見でピックアップしてご紹介したい。

1)トヨタ スターレット(EP82)

 今ではヴィッツが担うトヨタ車のボトムラインを担当していたのがスターレットだ。元々はパブリカの派生車種のスポーティバージョンとして生まれたモデルということもあって、実用車ながらスポーツグレードも用意される車種だった。

 4代目となるEP82型は先代と同じく前輪駆動レイアウトを採用し、スポーツグレードにはターボエンジンを搭載した「GT」を用意した。1.3リッターながら135馬力を発生するターボエンジンは活発そのもので、ボーイズレーサーやホットハッチにカテゴライズされ人気を博したモデルだった。

 現在はタマ数も減少し、値上がり傾向ではあるものの、50万円台から見つけることができるラストチャンスかもしれない。

2)日産パオ(PK10型)

 80年代に登場した日産のパイクカーシリーズ。基本的にはマーチのシャシーにレトロ感のある特徴のあるボディをかぶせたモデルではあるものの、内装まですべて専用のものが用意されるなど、かなり気合の入った商品展開をしていた。

 登場順にBe-1、パオ、フィガロとなるが、その中でも一番販売台数が多かったのが、パオとなる。もちろんパオも極上の車両であれば新車価格に近いプライスタグを付けるものもあるが、安いものであれば、30万円台という個体も存在している。

 専用部品の供給に不安が残るが、今や海外からも熱視線を集める車種となっているので、購入するのであれば今のうちかもしれない。

3)三菱 デボネア(初代)

 三菱のフラッグシップモデル、というよりも三菱系企業の役員車としての需要がほとんどだったと言われる初代デボネア。デビューは1964年だが86年まで何度か改良を受けながら生産が続けられていたことで、長寿モデルとしても知られた車種である。

 デザインも元々ゼネラルモーターズに籍を置いていたデザイナーの手によるものであり、そのアメ車風のデザインは代用アメ車のカスタマイズベースとしても人気を集めた時代があった。

 それだけに大掛かりなカスタマイズが施された個体も多く存在する一方で、60年代の味を残したノーマル状態の個体もあり、どちらのユーザーにもオススメできるモデルと言える。

 価格も当時のフラッグシップモデルにもかかわらず、100万円以下のものが中心となっている。

1/2ページ

最終更新:7/11(木) 17:12
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事