ここから本文です

藤本シゲユキの恋愛学「選んではいけない男10の特徴」とは

7/11(木) 12:35配信

with online

藤本シゲユキの恋愛学「選んではいけない男10の特徴」とは

藤本シゲユキの恋愛学 記事一覧はこちら

選んではいけない男の特徴10選

こんにちは、悲恋改善アドバイザー改めリアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。
前回のコラムでは「偏見フィルタ」を通して男性を見ることの危険性についてお話しました。しかし「偏見フィルタ」を外すことができても、そもそも最初の人選をミスしてしまっては元も子もありません。
では、「最初の人選ミスをしないために、男性のどういった部分を判断すればいいか?」を考える上で、選んではいけない、追いかけてはいけない男性の特徴をあげてみました。
・あなたが自分の家族や友達に自信をもって会わせられない人
・一緒にいて疑問がわく時があってもそれを話し合えない、もしくは濁してかわす人
・男性自身が嘘をつかないと一緒にいられない人
・同性の友達がろくにいない人、もしくはろくでもない友だちしかいない人
・すぐに人を見下し文句ばかり言う人
・話題の大半が愚痴ばかりの人
・ゲームやギャンブルに使う時間やお金が限度を超えていて現実逃避してる人
・浅はかな会話しか出来ない人
・周りの人たちが「あの人はちょっと……」と言うような人
・自分と向き合っていない人

「こんなしょうもない男選ぶわけないじゃん!」という女性もいらっしゃるかもしれませんが、人間、自分が渦中にいると、自分のことも相手のことも分からなくなってしまいます。
その自覚がなかったり、「自分はそんな男を選ばない」と思っていたりする人ほど危険なんやで?

「自分は騙されない」と言ってる人ほど詐欺にあいやすいのと同じです。
相手のルックスや雰囲気に惹かれて、中身をちゃんと見ようとせずに追いかけているというケースはよくあります

相手の性格や人格をものすごい見当違いで認知している女性はかなり多いんですよね。

付き合うべきではない男性は、悪いことをしている自覚がない

たとえば長期間にわたって付き合わないまま、女性をつなぎとめてセフレ扱いしている男性はかならずと言っていいほど、その女性のことを何も考えていません。女性がなにも言わず関係を続けていたのだとしたら、「コイツはなんも言ってこないし、楽でいいやー」ぐらいの感じです。

つまり、自分のことしか考えていない上に、相手の時間を奪っているという自覚はまるでない。

ほかにも、彼女がいるのに「彼女とは上手くいってないからいずれ別れようと思ってる」とか「お前の方が好きなんだ」というような台詞を言い続けて彼女以外の女性と関係を持ち続ける男性も同じ。「自分は両方の女性を裏切っている」という自覚がないんですよね。

ようは、「こうやって浮気するのは仕方ない」という言い訳をしているだけなんですが、人を裏切っているという事実に変わりありません。
こういった男性たちを「でも優しいときは優しいし」とか「でも誠実なときは誠実だし」と言う女性がいますが、本当に優しくて誠実な男性は、そんなことせーへんわ。

1/2ページ

最終更新:7/11(木) 12:35
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事