ここから本文です

西尾維新の100冊目の新作小説がテーマ 映像制作オーディション開催

7/11(木) 17:22配信

KAI-YOU.net

東宝とAlphaBoat合同会社によるクリエイター発掘オーディション「GEMSTONE」の第3弾の詳細が発表された。

【画像】記念すべき100冊目、主役は探偵一家

今回は『化物語』などの〈物語〉シリーズをはじめ、数多くの人気作を生み出してきた小説家・西尾維新さんの記念すべき100冊目の小説『ヴェールドマン仮説』のプロモーション映像を募集する。

かつてはゴジラなどをテーマに開催

「GEMSTONE」ではこれまでに2回開催されている。

1回目のテーマは「ゴジラ」で、審査員として『シン・ゴジラ』の監督と特技監督を務めた樋口真嗣さんが参加した。

現在も開催中の2回目は、Otakuカルチャーを世界に向けて発信するTokyo Otaku Mode Inc.と提携し、「With Japan!」をテーマに、世界中のクリエイターから日本にまつわるオリジナルキャラクターを募集している。

異才・西尾維新

このように原石(=GEMSTONE)の発掘につとめてきた「GEMSTONE」3回目のテーマは、7月31日(水) に発売される西尾維新さんの新作『ヴェールドマン仮説』。

作者の西尾さんは『化物語』で知られる小説家で、これまでに数多くのヒット作を、時には脚本家、時には漫画原作者として世に送り出してきた。

特に小説家としては独特な言葉遊びやキャラクター描写が反響を呼び、20歳でのデビュー以来、第一線を走り続けている。

優秀者には主催社からの厚いサポートが

1次審査を通過した応募動画は、YouTubeのGEMSTONE公式チャンネルで順次公開される。

優秀者に選ばれた参加者に対しては、主催の東宝とAlphaBoatの両社サポートによる動画制作の機会や、AlphaBoatでのデジタルマネジメント契約の機会等が提供される。

また、入賞作品は実際に講談社によって『ヴェールドマン仮説』の宣伝プロモーション映像として使用されるほか、入賞特典として賞金10万円、そして東宝プロデューサーとの新規企画開発も検討されるとのこと。

クリエイターとしては非常に気になるイベントだけに、応募を検討する人は公式サイトの募集要項を確認してみよう。

Yuuki Honda

最終更新:7/11(木) 17:22
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事