ここから本文です

マレーの2019年ウインブルドンが終了、セレナとの混合複は3回戦敗退 [テニス]

7/11(木) 7:30配信

テニスマガジンONLINE

 今年3大会目のグランドスラム「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月1~14日/グラスコート)のミックスダブルス3回戦で、アンディ・マレー(イギリス)/セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は第1シードのブルーノ・ソアレス(ブラジル)/ニコール・メリカ(アメリカ)に3-6 6-4 2-6で敗れた。試合時間は1時間31分。

ウインブルドン2019|トーナメント表

 元世界1位同士のセレナとマレーは、今大会で初めてチームを結成。マレーがウインブルドンのミックスダブルスに参戦したのは、2006年以来で3度目だった。

 今大会でのマレー/ウイリアムズは、1回戦でアンドレアス・ミース(ドイツ)/アレクサ・グラーチ(チリ)を6-4 6-1で、2回戦では第14シードのファブリス・マルタン(フランス)/ラケル・アトワー(アメリカ)を7-5 6-3で破ってベスト16まで勝ち上がっていた。

 今年1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で臀部の痛みで引退を示唆した32歳のマレーは、2月に金属製の人工股関節を入れる手術を受けた。彼は約5ヵ月の戦線離脱を経て競技テニスに復帰し、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)とのペアで臨んだ6月のロンドン(ATP500/グラスコート)でダブルス優勝を果たした。

 女子シングルスで8度目の優勝を目指す第11シードのセレナは、大会10日目のセンターコート第2試合でバーボラ・ストリコバ(チェコ)との準決勝をプレーする予定になっている。

 一方、ピエール ユーグ・エルベール(フランス)とのペアで男子ダブルスに出場していたマレーは、2回戦で第6シードのニコラ・メクティッチ/フランコ・シュクゴール(ともにクロアチア)に7-6(4) 4-6 2-6 3-6で敗れていた。

 ソアレス/メリカは準々決勝で、マットヴェ・ミドルコープ(オランダ)/ヤン・ザオシャン(中国)と対戦する。ミドルコープ/ヤンは3回戦で、マーカス・ダニエル(ニュージーランド)/ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)を6-2 6-7(5) 6-4で下しての勝ち上がり。

LONDON, ENGLAND - JULY 10: Serena Williams of the United States and Andy Murray of Great Britain in action in their Mixed Doubles third round match against Bruno Soares of Brazil and Nicole Melichar of the United States during Day Nine of The Championships - Wimbledon 2019 at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 10, 2019 in London, England. (Photo by Alex Pantling/Getty Images)

最終更新:7/11(木) 7:30
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事