ここから本文です

会社に行きたくない? それ、職場の「幸福度」が足りてないのでは

7/11(木) 20:11配信

ライフハッカー[日本版]

「幸福学」とは、幸せに生きるための考え方や行動を「科学的に」検証し、実戦に活かすための学問。

【画像】会社に行きたくない? それ、職場の「幸福度」が足りてないのでは

そして『幸せな職場の経営学』(前野隆司 著、小学館)の著者は、大学で「幸福」について研究しているという人物です。

私はこれまで、書籍や講演などを通して、幸せになるための方法を紹介してきました。

本書では、「幸せな職場で人々はどう変わるのか」に焦点を当て、「職場における幸せ」や「幸せなチームのあり方」について述べたいと思います。(「はじめに」より)

幸福度が高い従業員は、そうでない従業員よりも創造性が3倍高く、生産性は31%高くなるという研究結果があるのだとか(心理学者のソニア・リュボミアスキー、ローラ・キング、エド・ディーナーらの研究)。

幸福度が高い従業員は、欠勤率や離職率が低いという研究結果もあるのだそうです。

そんなこともあって現在、組織に「幸せ」という観点を取り入れる試みが世界の多くの企業で導入されているというのです。

そこで本書において著者は、幸福学の最新研究を踏まえつつ、働く人たちの幸福度を高める企業の仕組みづくり、職場の環境づくりについて解説しているわけです。

しかし職場の幸福度を上げるためには、職場における課題や悩みを把握しておきたいところ。

そこで数々の悩みが紹介されている第4章「職場の悩みQ&A すべいぇの組織は幸せになれる!」内の「やる気とモチベーションについての悩み」のなかから、いくつかの悩みと回答をピックアップしてみたいと思います。

部下がいつも受け身

「約50名の部下を抱えているが、部下たちのやる気が感じられず、常に受け身の姿勢であることが気になっている。こちらが言ったことに対しては正確にこなすが、できれば、そこからさらに一歩踏み込んでほしい。

ただ、どのように部下に伝えたらよいか迷ってしまい、何もできずにいるのが現状だ」【50代・メーカー・部長】

「指示待ち人間」に悩む上司やリーダーの話に関連して、著者はあることを指摘しています。こうした悩みを持つ管理職世代自身が、実は「指示待ち人間世代」なのではないかということ。

なぜなら彼らは、管理教育を受けた世代だから。そう考えると、他人の悪く見えるところは自分の鏡だということになるというのです。

高度成長期以来、明確に決められた業務を遂行するというやり方が徹底された結果、基本に忠実な人が増え、浸透したのが現代の日本社会なのです。

この種の課題の解決策の一つは、指示待ちの人間には明確な指示を与えるということです。主体的に考えてもらいたいときには、「これは上からの指示を待たずに、君が主体的に考えて、取り組んでほしい」という指示をすればいい。

上司の指示にこそ創造性が試されているとも言えます。言い換えれば、想像的な指示を与えられない上司が、自分の責任を若者に転化しているとも言えます。(142~143ページより)

さらに、主体的に考える文化をチームに醸成するためには、まず相手を信頼し、適切な量と質の権限を委譲することだと著者は述べています。

1. メンバーに、ある程度の仕事を任せてみる

2. 難しそうであれば、対話を通して、相手のやりたいことをじっくり聞く

3. 2の「やりたいこと」を実現するためにどうしたら良いかを考えるように促す

(143ページより)

チームメンバーや部下との対話をベースにしながら「施行法やイノベーションに関する本を活用して学んでみたら?」と、部下自らが学ぶことを提案してみるのも有効な手段だといいます。(141ページより)

1/2ページ

最終更新:7/11(木) 20:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事