ここから本文です

バンド結成57年目、ローリング・ストーンズのマサチューセッツ公演ライブレポート

7/11(木) 12:45配信

Rolling Stone Japan

ローリング・ストーンズはマサチューセッツのジレット・スタジアムで素晴らしいライブを行い、「プレイ・ウィズ・ファイア」や「氷のように」などのレア曲を披露した。オープニングを飾ったゲイリー・クラーク・ジュニアのカメオ登場、トランプ大統領への挑発など
、会場を驚かせた。

記事中の動画を見る:バンド結成57年目、ローリング・ストーンズのマサチューセッツ公演ライブレポート

米国現地時間7月7日夜、マサチューセッツ州ジレット・スタジアムでのライブ中、ミック・ジャガーはバンドの演奏を一旦とめて、ニューイングランドらしい夏の夕方を楽しんだ。ジャガーは観客に向かって、独立記念日の週末を楽しんでほしいと述べたあと、「俺たちイギリス人にとって7月4日は微妙な休日だけどな」と続けた。そして、「事実、この国の大統領が4日の夜のスピーチで上手いことを言っていたよ。『イギリス人が空港にしがみついていたら、アメリカは今とは違う国になっていたかもしれない』ってね」と、真面目くさった声で観客に語りかけた。

2019年の夏、バンド結成57年目のローリング・ストーンズが相変わらずツアーをしているのは、ファンにとって最高のプレゼントで、それだけでも目一杯楽しもうと思ってしまう。7月7日のジレット・スタジアムでのコンサートは、ノー・フィルター・ツアーの5本目の公演だ。もともと春からスタートする予定だったこのツアーは、ジャガーの心臓手術のために夏に延期されたものだった(この夜、ジャガーは「みんな、ごめんな、日程が変わっちまって、みんなの計画が狂っちゃっただろうな」と観客に謝った)。しかし、4年前にやった前回のUSツアーのときよりも、今回のジャガーには勢いがあるように見えた。「ギミー・シェルター」を鳥肌が立つような最高の声で歌いながらキャットウォークを歩き回るときも、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」を歌いながら空中に握りこぶしを放つときも、ジャガーは元気いっぱいだ。「悪魔を憐れむ歌」のギターソロから、お馴染みの曲の合間の冗談の掛け合い(キースが鉄板フレーズ「Gold rings on ya(ありがとう/神のご加護をの意)」を言ったし、チャーリー・ワッツが地元の野球チームに敬意を表して履いてきた赤い靴下を見せびらかした)まで、この夜の彼らは最初から最後までウィニング・ランのような雰囲気だった。普段は見せない物足りなさそうな気配を滲ませつつ、ジャガーは「今回がボストンでの29回目のライブだ。こんなに何回も俺たちを観に来てくれたみんなに感謝するよ」と客席に叫んだ。

ボストンは昔からストーンズ人気の高い都市だった。1972年の悪名高きボストン・ガーデンでのライブでは、コンサートを実施するために市長が保釈金を払ってジャガーとリチャーズを牢屋から出した。そして、2002年の40リックス・ツアーでは、たった10日間で市内のオルフェウム・シアター、フリートセンター・アリーナ、ジレット・スタジアムという3会場を駆け抜けた。そして、この夜、ミックは「ノース・ブルックフィールド」と叫んだ。ここは1981年にストーンズが6週間リハーサルを行った町だ。この町以外にも、ミックはプロビデンス、ロードアイランド、ポートランド、メインの名前をあげた。さらに、会場にいたエアロスミスやニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックなどの有名人の名前も叫んだのだった。

1/3ページ

最終更新:7/11(木) 12:45
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事