ここから本文です

「大金の価値をすぐに証明するだろう」ビジャがアトレティコに157億円で加入した“ネクスト・ロナウド”を大絶賛!

7/11(木) 18:05配信

SOCCER DIGEST Web

プロデビューから1年足らずの俊英にエール

 7月11日現在、この夏の移籍市場で最高額で契約をかわしたのは、ポルトガルが生んだ19歳の新鋭FWジョアン・フェリックスだ。

【PHOTO】2019年夏の移籍市場で新天地を求めたビッグネームたち

 昨シーズンにベンフィカでトップチームデビューを飾ったJ・フェリックスは、公式戦43試合で20ゴール・11アシストという圧倒的な戦績を残すと、シティとユナイテッドのマンチェスター勢やレアル・マドリー、ユベントス、バルセロナ、パリSG、ミランなど欧州中のビッグクラブが争奪戦を展開。最終的に「自分なりの物語を作りたい」と決意し、アトレティコ・マドリーと1億2600万ユーロ(約157億5000万円)でサインした。

 J・フェリックスは、トップデビューから1年足らずのティーンエージャーだが、同胞のクリスチアーノ・ロナウド(現ユベントス)とも比較される俊英に対する注目度は、日増しに高まっている。

 そんなニュースターへ期待を寄せたJリーガーがいる。ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャだ。

 2013年7月から1シーズンだけアトレティコでプレーし、同クラブに18年ぶりのリーグタイトルをもたらしていたビジャは、J・フェリックスに対し、「彼はすぐに投資の価値を証明すると思う」とコメントした。スペイン紙『Mundo Deportivo』が伝えている。

「アトレティコは、彼(J・フェリックス)に対して自信がなければ、ああいう契約を結ぶことはしなかったはずだ。もちろん、ちゃんと働かないといけないし、時には失敗することもあるだろう。彼ならすぐに価値を証明すると思う。アトレティコのファンは彼に感謝するはずだ」

 自身の“後輩”へエールを送ったビジャ。J・フェリックスはその期待に応える活躍ができるのか。アトレティコ退団を宣言しているアントワーヌ・グリエーズマンの後釜に据えられた19歳のパフォーマンスに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:7/11(木) 18:07
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事