ここから本文です

アセンシオに続いて久保までも取り逃がしたバルセロナ【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

7/11(木) 19:14配信 有料

SOCCER DIGEST Web

マシアの始祖クライフがバルサの現状を見たら…

14歳当時の久保を知るスアレス記者は、「スペインでも十分やれる」と太鼓判を押しながらも、行き先がバルサでなかったことを嘆く。(C)Getty Images

 18歳になった久保建英のスペイン復帰が正式に決まった。だが、行き先は少年期を過ごしたバルサではなく、宿敵のマドリー。数十万ユーロを出し渋ったバルサは、アセンシオを取り逃したときと同じミスを繰り返すのか。(文:ヘスス・スアレス・訳:小宮良之 2019年7月4日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック スペイン』を転載)
 
―――◆―――◆―――
 
 18 歳の日本代表MF、久保建英のマドリー入団が決まった。
 
 この連載ページを、おそらくどの外国人記者よりも長く続けているだけに、感無量である。日本人選手がスペイン、しかもマドリーでプレーすることになるのだから。
 
 当面は、カスティージャ(マドリーB)でプレーすることになるようだが、彼ほどの選手であれば、ラウール・ゴンサレスが監督を務めるチームでも注目を浴びるだろう。年俸100万ユーロ(約1億25 本文:2,659文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:7/11(木) 19:15
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る