ここから本文です

韓国が「反日運動」すればするほど、経済に大打撃となりかねないワケ

7/11(木) 8:01配信

現代ビジネス

いま起きていること

 観光やビジネスで韓国から日本を訪れる訪日客の数が目に見えて減少している。

 日本政府観光局(JINTO)の推計によると5月の韓国からの訪日客は60万3400人と前年同月比5.8%減った。対前年同月でのマイナスは3カ月連続で、1月~5月の累計でも前年同期比4.7%のマイナスになった。

【現場はパニック!】日本人は知らない、いま韓国でほんとうに起きていること…

 韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射問題や、元徴用工裁判で賠償を命じられた日本企業の資産差し押さえなどを巡って、文在寅(ムン・ジェイン)政権が韓国国民の反日感情を高めていることが背景にあるとみられる。

 昨年夏ごろから訪日客が頭打ちになり、減少する月が目立っていたが、3月には5.4%減、4月には11.3%減と減少が鮮明になった。韓国経済の後退も一因であることは間違いないが、日韓関係の悪化が陰を落としている。

 6月以降、日韓関係はさらに悪化している。7月に入って日本政府が打ち出した半導体材料の輸出手続きの厳格化方針に対して、韓国政府は元徴用工問題への「報復」だとして猛反発。韓国国民の一部では、日本製品の不買運動や、日本訪問を忌避する動きが出始めている。

 6月、7月の訪日客も大きな増加は見込めないことから、2019年は年間を通しても前年割れになる可能性が強い。

 韓国からの訪日客が年間を通してマイナスになるのは東日本大震災が起きた2011年の対前年比32%減以来。2012年には年間200万人を突破、以後増加を続け、2018年には年間753万人が日本を訪れていた。

ヒトもモノも

 隣国である韓国との間の人の行き来は歴史的に多く、2013年までは訪日外客数の国別でトップであり続けた。その後、中国からの観光客が激増、2014年は台湾に次ぐ2位、2015年以降は中国に次ぐ2位を占め続けている。2018年は中国の838万人に次ぐ2位だった。

 2019年に入ってからも、中国からの訪日客は依然として高い伸びを示している。1~5月の累計ではトップの中国が10.8%増の365万人でトップ、韓国は2位を保っているものの、4.7%減の325万人に留まっている。

 一方、日本から韓国を訪れる人の数が今後どうなるかも注目される。トラベルボイスの集計によると、2018年1年間の日本人の韓国向け出国者数は294万8500人と27.6%増え、大幅な伸びを記録した。日本から海外への出国者数全体が増加傾向にある中で、とくに韓国への出国が目立った。台湾は3.7%増の196万9200人、香港は4.7%増の128万7800人だったという。

 韓流ドラマの根強い人気やKポップ歌手の日本ファンの増加などもあり、若い層を中心に韓国を訪れる人が増えていた。今後、こうした若年層などの旅行者が、反日運動などのニュースが流れることで渡航を自粛するケースがどれだけ出て来るのか、その影響が懸念される。

 ヒトばかりでなく、モノへの影響も心配だ。

 半導体材料の輸出手続きの厳格化などによって、今後、日本から韓国への輸出がどれだけ影響を受けるか今のところは分からない。

1/2ページ

最終更新:7/11(木) 8:30
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事