ここから本文です

レアルの「ヤングスター」久保建英にスペイン紙も熱視線 「旋風を巻き起こしている」

7/11(木) 9:20配信

Football ZONE web

北米遠征でカナダに到着、現地では注目の的「彼らはファンに歓迎された」

 スペインの名門レアル・マドリードは、現地時間9日にプレシーズンの北米遠征ツアーのためカナダ入りし、10日からトレーニングを開始した。今夏、FC東京からレアルに加入した日本代表MF久保建英について、スペイン紙「マルカ」は「旋風を巻き起こしている」と注目度の高さを伝えている。

【動画】レアル北米遠征で初練習、スター軍団が揃ってランニング…後方に日本代表MF久保建英の姿

 今季、FC東京の主力としてリーグ戦13試合4ゴールをマークした久保は、6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で史上2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビュー。同月のコパ・アメリカ(南米選手権)で全3試合に出場し、ブラジルの地でレアル移籍が発表されて大きな話題となった。

 レアルB(カスティージャ)でスタートを切るとされる久保だが、トップチームの北米遠征に帯同。7月20日にバイエルン・ミュンヘン(ヒューストン)、23日にアーセナル(ワシントンDC)、26日にアトレチコ・マドリード(イースト・ラザフォード)とのプレシーズンマッチに臨み、久保は早ければバイエルン戦で“レアル初陣”を飾ると見られている。

 スペイン紙「マルカ」は「19日までモントリオールに滞在するなか、彼らはファンに歓迎された」と現地での歓待ぶりを報道。またモントリオールでの宿泊地について「ここは2016年、ジダン監督が率いたチームが宿泊したのと同じ場所だ。それ以降、チャンピオンズリーグで連続優勝した」と縁起の良さを強調している。

異彩を放つ18歳MF久保、スペインメディアに加えて「日本から大きな関心」

 そんなチームの中で異彩を放っているのが18歳アタッカーの久保だ。「エデン・アザール、ルカ・モドリッチ、セルヒオ・ラモス、カリム・ベンゼマが帯同し、そこには新たに契約して旋風を巻き起こしているタケフサ・クボもいる」と記事では触れている。

 チェルシーから加入したベルギー代表MFアザールをはじめ、主力としてチームを支えてきた元フランス代表FWベンゼマ、クロアチア代表MFモドリッチ、スペイン代表DFラモスらと行動をともにしている新参者の久保は否が応でも目立つ。

 スタープレーヤーたちに囲まれた日本人MFはスペインメディアから注目の的となっているが、カナダでは日本の取材陣も多く駆けつけており、「ヤングスターには日本から大きな関心が寄せられており、大勢の日本メディアがモントリオールに押し寄せている」と伝えた。

 日に日に認知度も高まっている久保だが、ピッチでのプレーでも鮮烈なインパクトを残せるか。若武者の挑戦がいよいよ始まる。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/11(木) 11:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事