ここから本文です

メッシ、審判、VAR...ブラジル人記者が選ぶ コパ・アメリカのワースト10

7/11(木) 6:17配信

webスポルティーバ

ピッチコンディション

 すべてのスタジアムのピッチコンディションが悪かった。大会中、多くの選手や監督がピッチに悩まされ、嘆いていた。

久保建英を迎えるレアルBの新指揮官ラウル。ふたりには共通点がある

 まず口火を切ったのはウルグアイのルイス・スアレスで「ピッチが固すぎて、自分のしたいプレーができない」と発言。またペルーのリカルド・ガレカ監督も「スタジアムは最高だが芝は最低だ」とコメント。その後、リオネル・メッシが「ボールがうさぎのように飛び跳ねる」と嘆いたことで、その事実は広く知れ渡った。

 通常、コパ・アメリカのような大きな大会では、各チームに対して前日に15分間、試合で使うスタジアムで練習する権利が与えられる。だがそれも、芝を保護するためという理由で、少なくともグループステージの4試合でキャンセルされた。メディアは運営側に理由を尋ねたが、最後まで明確な答えは与えられなかった。

高すぎるチケット

 アメリカ大陸(南米はもちろん、北中米でも)で、サッカーのチケットはそれほど高くはない。60%のブラジル人は300ドル(約3万3000円)程度の月収で暮らしている。しかし、今回のコパ・アメリカのチケットは、最低でも100ドル(約1万1000円)、高い席だと1250ドル(約14万円)もした。スタジアムに空席が見られたのもそのためだ。とくに経済的に貧しい国のサポーターにとっては厳しい大会となった。

 しかし運営側は、約1000万ドル(約11億円)というコパ・アメリカ史上最高の売り上げを記録したと豪語している。

空席の目立つスタジアム

 大会の半分以上の試合で、観客数は1万人を超えなかった。中には5万人入るスタジアムに4000人しか入らない試合(ボリビア対ベネズエラ)もあった。高額なチケットが原因だが、サッカーを愛する国としては恥ずかしいことである。

無能な審判

 大会史上初めて導入されたVAR判定。試合の熱気や臨場感が奪われてしまったなど、評判は散々だったが、混乱に輪をかけたのは審判だった。重要な大会であるというのに、優秀な審判があまりにも少なかった。ミスジャッジが多く、ほとんどの試合でなんらかの問題があったと言っていい。

1/3ページ

最終更新:7/11(木) 6:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事