ここから本文です

巨人・金田正一、美空ひばりの豪華対談/週ベ回顧

7/12(金) 10:14配信

週刊ベースボールONLINE

 昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

柴田勲はプレーボーイじゃない?

 今回は『1968年1月8日新春特大号』。定価は70円。
 
 巨人・金田正一と美空ひばりの豪華対談があった。
 ひばりが「おにいちゃん」と言えば、金田は「お嬢」。本当の兄妹のように仲がよかった。
 少しやり取りを紹介しておく。

金田 よく励ましを受けたよ、ワシの悪いときにな。いいときはそっぽ向いているけど、悪いときによう励ましてくれたね。

ひばり おにいちゃんも同じなの。親子が何か悩んでいるようなときは、必ず電話をかけて飛んできてくれる。野球界と芸能界と、たいへん違っているようでも実際はすごく似ているでしょう。生きていく信念というものがね。だからおにいちゃんがしょぼんとしてたり、体がどうのこうのと悩んでいると、目標を失ったような感じでね。

 お嬢というのは、誰を目的にしていますかってよく聞かれるの。どの歌い手でもだれだれって芸能人の名前を言いますよね。でも、わたしはそれがなかったんです。でも、いつも言うのは、おにいちゃんって素晴らしい人だ、私はあんなふうになりたいって言ってるからね。

 そんなとき、おにいちゃんが照れても、私は素直にそう思っているというのよ。おにいちゃんがバテちゃうと目標がなくなるんだから頑張ってね、ってよく電話したり、電報打ったりするの。おにいちゃんが元気で成績のいいときは、あまり電話かけたり電報打ったりしないの。おにいちゃんのやり方と一緒なの。

金田 僕はね、お嬢の歌を唄っている姿なり、またいまこうして話をしている姿によって、野球というものをやり抜くんだ、勝たにゃいかんという、新たなファイトがわいてるのよ。ほんとは、ここでしぼみこんでしまえば、もう終わるような野球人生やけどね。ここで新たなにファイトを燃やして、突っ張って突っ張って、どこまでのこのイメージをこわさないように、これをやっていこうという気持ちがある。まだまだ肉体の続く限り、ダーッと自分を出していくよ。ワシはお嬢を尊敬してるからね。

美空 えーっ

金田 お嬢は日本で一番の女や。


 サンケイ監督に、川上哲治と因縁がある別所毅彦が就いたことで、同じマスコミ球団である巨人×サンケイの対立が話題になっている。

 別所監督は、まず秋季キャンプでスパルタ式の猛練習を命じた。
「こんな無茶な練習がいつまで続くと思っているんだ。いまに内紛が起こるよ」
 とベテラン選手がこぼしたが、実際、捕手の岡本凱孝が移籍を志願し、退団している。

 取材規制も行い、記者たちが「まるで川上のマネではないか」というと、
「冗談言っちゃ困る。あのころの巨人の厳しさをつくったのは私だ。似ていて当然だ」
 と別所監督はギロリと目をむいた。

 12月1日からの自主トレも自主とは名ばかり。全員参加でしごきまくったようだ。

 オフに入って、巨人・柴田勲を新聞社が完全マークしていたという。野球ではない。「結婚間近」のウワサがあったからだ。

 甘いマスクもあって、週刊誌などで盛んに女性ネタが書かれ、すっかりプレーボーイのイメージが定着していたが、本人は、
「俺ぐらい週刊誌や雑誌のイメージと違う男はいないんじゃないか。現代っ子、プレーボーイと言われてもかまわないが、嘘を書かれるのは困る。初めてのうちは訴えようかと思ったこともあったが、そのたびほんの数行謝罪文が載るだけだ。遊んでないとは決して言わないが、打てば節制したからだとか、打たなければ不節制しているからとか、まったくバカバカしいよ」

 結婚については、
「いまは予定はない。ただ、周囲の人が楽しんでいるように俺も楽しみだよ」
 
 小川健太郎(中日)、黒江透修(巨人)らを生んだノンプロの立正佼成会が10月で休部。兼任監督をしていた金博昭、投手の若生和也が小川の口利きもあって中日にドラフトで指名され、入団が決まった。
 
 では、また月曜に。
 
<次回に続く>

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:7/12(金) 10:55
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事