ここから本文です

『旅と鉄道』真柄智充編集長が語る、「2019年、観光列車のトレンドはこれだ!」

7/12(金) 18:03配信

ロケーションジャパン

乗車券にコース金額を追加し乗車できる

◆ベル・モンターニュ・エ・メール~べるもんた~
富山湾の絶景を楽しみながらグルメを楽しめる観光列車です。雨晴海岸という絶景スポットに到着すると車掌さんが窓を開けてくれて窓が邪魔にならずに写真が撮られるんです。事前予約が必要ですが車内で職人が握る富山湾鮨や日本酒飲み比べなどもとても人気です。

Data
区間:城端⇔新高岡・高岡方面(土曜)、氷見⇔高岡・新高岡方面(日曜)
料金:(参考)ぷち富山湾鮨セット 2,000円(税込)/座席指定券氷見ー高岡520円(おとな)
公式ウェブサイト:http://berumonta.jp/

おもてなしの気持ちが嬉しい観光列車

◆特急いさぶろう・しんぺい
熊本・宮崎・鹿児島の急峻な山間部を走る観光列車です。えびの盆地越しに霧島連山が見える絶景は「日本三大車窓」と称されています。眺望を楽しめるベストポイントでは、アナウンスが入り一時停止するため、ゆっくり写真撮影ができるのがポイントです。

Data
区間:熊本~吉松 料金:3,930円(税込/乗車券2,480円+特急券1,450円)
※しんぺい2号・いさぶろう3号は、「人吉~吉松」間のみの運転。
※上記列車は、乗車券のみで乗車可能。
※掲載の料金は2019年6月現在のものとなり、今後変更の可能性あり。
公式ウェブサイト:https://www.jrkyushu.co.jp/trains/isaburou_shinpei/ 


夏休みシーズンまであとわずか。
この夏は観光列車旅に出かけてみてはいかが?

(ロケーションジャパン編集部)

2/2ページ

最終更新:7/12(金) 18:03
ロケーションジャパン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

■岡田准一 映画『来る』表紙&インタビュー! 川村元気P×中島哲也監督×豪華キャストで大注目!■懐かしくてキュンとする! 時代を彩るBESTロケ地2018 東京都調布市ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事