ここから本文です

低価格版の「Nintendo Switch Lite」は、どこまで“Switch的”なゲーム機になるのか

7/12(金) 8:12配信

WIRED.jp

人気の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」を巡っては、より小型で低価格なモデルが登場すると長らく噂されてきた。それが7月10日(米国時間)になって正式に発表されたのだ。しかし、素朴な疑問がある。この「Nintendo Switch Lite」と名づけられた新機種を、本当に「Switch」と呼んでいいのだろうか?

【動画】小型で低価格「Nintendo Switch Lite」

Switch Liteは、従来モデルと比べてずっと持ち運びやすい。縦が0.5インチ(約1cm)、横が1インチ(約3cm)ほど短くなり、5.5インチの小型スクリーンを搭載している。任天堂によるとバッテリー持続時間は、使用するゲームによってはSwitchより約1時間長い。Switch Liteの価格は200ドル(日本では19,980円)で、従来のSwitchより100ドル(同1万円)安い。

小型化と低価格化には、それなりの代償がある。Switch Liteには、プレイモードを“スイッチ”する機能がなく、「携帯モード」専用なのだ。着脱可能なコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」も、「テーブルモード」でプレイするためのスタンドもない。

そして、画面をテレビに出力する機能もなければ、従来モデルのSwitchで利用できたドックもない。既存のドックに接続したり、別売りで購入したりすることもできないのである。

「ニンテンドー3DS」の精神

Switch Liteは、一世を風靡した「ニンテンドー3DS」の精神を継ぐモデルのようだ。操作体系は従来のSwitchの携帯モードに似ているが、Switch Liteの左側には異なる十字キーが搭載されており、「HD振動」の機能はない。

一方でSwitchと同様に、充電用のUSB-Cケーブル、1280×720ピクセルのタッチ式液晶画面、そして32GBのストレージを備えている。そしてありがたいことに、microSDカードスロットも装備している。OSには約6GBが必要で、ゲームによっては最大7GB以上の容量が必要になるからだ。

性能はSwitchと同等で、NVIDIAのカスタム版Tegraプロセッサーを搭載している。Switch Liteのバッテリー持続時間は(やや)長いが、バッテリーは小さい。Bluetoothのヴァージョンは3.0から4.1にアップグレードされており、これによって周辺機器の「Low Energy」対応が進む可能性がある。

ほとんどのNintendo Switch用ゲームはLite上でプレイ可能だというが、「Nintendo Labo」や「ARMS」「JUST DANCE」「1-2-Switch」など一部のゲームは、Joy-Conが必要になる。それに「Labo」の場合は、従来モデルのSwitchにぴったり合うように設計されている。プレイヤーはJoy-Conを別途購入して用意すればSwitch Liteにワイヤレス接続できるが、スタンドのようなものを購入する必要があるだろう。幸いなことに、この手の周辺機器は数多くある。

主な機能の違いについて任天堂は、ウェブサイトに表を掲載している。ちなみにLiteの本体色はイエロー、グレー、ターコイズの3色から選べる。

Switch Liteの発売は9月20日。11月15日の「ポケットモンスター ソード・シールド」の発売に合わせて、ポケモンヴァージョンのLiteも発売される。

1/2ページ

最終更新:7/12(金) 8:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事