ここから本文です

ホームランダービー、決勝進出はオリックス・吉田正尚 4球中4球スタンドで坂本勇人を下す

7/12(金) 18:34配信

ベースボールチャンネル

 プロ野球の「マイナビオールスターゲーム2019」の第1戦(12日・東京ドーム)に先立ち、ホームランダービーが行われた。

 今年のホームランダービーも、セ・パ両リーグから4選手ずつを選出。2試合を通したトーナメントで「ホームランKING」を決定する。

 この日は、読売ジャイアンツの坂本勇人内野手、千葉ロッテマリーンズのブランドン・レアード内野手、東京ヤクルトスワローズの村上宗隆内野手、オリックス・バファローズの吉田正尚外野手が出場した。

 第1試合は坂本VSレアード。先攻・坂本は、チームメイトの岡本和真内野手が投げる球を4本塁打。一方のレアードは2本にとどまり、坂本が準決勝へと駒を進めた。

 第2試合は19歳の新星・村上VS吉田。村上はリラックスしたバッティングで看板直撃弾を含む4本を放ち、後攻の吉田にプレッシャーをかける形となった。だが、吉田も看板直撃のお返し。経験の差を見せつけ、残り時間に余裕をもって5本をスタンドまで運んだ。

 第3試合の準決勝は坂本VS吉田。坂本は力みを見せて、第1試合目よりも少ない3本。対する吉田は、桁違いのパワーを発揮し、4球連続4本塁打を放って13日に行われる決勝戦に駒を進めた。

【一覧】2日目の組み合わせは…?

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/12(金) 18:38
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事