ここから本文です

ソーラー飛行機で世界一周した男が、「電動ならではの飛行体験」の実現に動きだした

7/12(金) 12:29配信

WIRED.jp

飛行家のアンドレ・ボルシュベルグが15歳で飛行機の操縦を始めたとき、空を飛び続けるためにどのくらい燃料が必要になるのかは気にしていなかった。だが最近の彼は、飛行に必要な燃料のことばかり考えている。

【全画像・動画】ソーラー飛行機で世界一周を達成した男の新たな挑戦

太陽光エネルギーだけを動力源とし、数日間の連続航行が可能な飛行機「ソーラーインパルス2」。このソーラー飛行機によって、ボルシュベルグとベルトラン・ピカールが世界一周飛行を成し遂げてから3年が経った。

ソーラーインパルス2は注目すべき飛行機だったが、実用的とは言えなかった。「ボーイング747」と同じ翼幅がありながら、最高速度は時速約90マイル(同約145km)と低速だった。そのうえコックピットはとても窮屈で、パイロット(この世界一周飛行では区間ごとにパイロットが操縦を交代した)は操縦席に備えつけのトイレを使っていたほどである。

世界一周飛行のプロジェクトのあと、ポルシュベルグは新たな会社としてH55を立ち上げた。そこで新たな飛行機を開発することで、ソーラーインパルス2で目指していた戦略を180度転換したのだ。

目標は飛行機の完全な電動化

H55の1号機のコックピットは2座席だが、連続して飛べる時間は約90分しかない。ソーラーインパルスは独自開発の飛行機だったが、この新しい飛行機「Bristell Energic」は、チェコ共和国の航空機メーカーであるBRM Aeroの小型機「Bristell」を改造したものだ。

ソーラーインパルスは、電動化技術による飛行がどこまで可能であるかを実証するために開発された。これに対してBristell Energicは練習機であり、飛行技術を初めて学ぶ人々のために設計されている。

H55が一貫して追い求めるテーマは、飛行機の完全な電動化だ。それは飛行機を化石燃料への依存から脱却させるというボルシュベルグの意志を反映している。ボルシュベルグは母国のスイスで、ソーラーインパルスのプロジェクトに関わった仲間ふたりとともにH55を創業した。同社はソーラーインパルスで特許を取得したバッテリー技術と推進技術を用いている。

Bristell Energicの動力源は、約1時間でフル充電できるバッテリーパック2個である。容量は50kWhで、電気自動車(EV)の「シボレー・ボルトEV」よりやや少ない程度だ。分速900フィート(同約274m)での上昇と時速125マイル(同約201km)での飛行が可能で、これはエンジンを動力とする改造前のBristellと同等である。それ以外の仕様は標準的なもので、1つのプロペラ、可動式の前輪、座席後方の荷物置き場、といった具合だ。

1/2ページ

最終更新:7/12(金) 12:29
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事